文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
医療関係者の方へ ホーム  >  コミュニケーション  >  変形性関節症に対するサプリメントについて知っておくべき6つのこと

コミュニケーション

変形性関節症に対するサプリメントについて知っておくべき6つのこと
6 Things You Should Know About Dietary Supplements for Osteoarthritis

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版最終アクセス確認日:2021年2月12日

変形性関節症(Osteoarthritis:OA)は、2700万人のアメリカ人に影響を与える関節炎の最も一般的なタイプであり、高齢者に増えつつある問題です。変形性関節症の治療は、痛み、腫れ、関節の機能低下などの症状に対処するものです。非薬物療法では、エクササイズ、体重管理、休息などの、生活様式を変化が含まれます。OAに対する通常の薬物治療には、非ステロイド性抗炎症薬(nonsteroidal anti-inflammatory drugs:NSAIDs)、アセトアミノフェン(鎮痛剤の一種)、コルチコステロイド(抗炎症ホルモン)の注射が挙げられます。

多くのOA患者が、痛みを緩和し機能を改善しようとして、グルコサミンやコンドロイチンなどのさまざまなサプリメントを単独でまたは併用で試していると報告されています。しかし、なんらかのサプリメントがOAの症状をやわらげ変形性関節症の病態の経過に有用であるという説得力のある科学的根拠(エビデンス)はありません。変形性関節症に対するサプリメントについて知っておくべき6つのことを紹介しています。

  1. 多くの研究では、膝関節や股関節の変形性関節症に伴う症状や関節の損傷に対するグルコサミンやコンドロイチンの効果はほとんどないことを明らかにしました。研究により、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントは、抗凝固剤(血液希釈剤)薬であるワルファリン(Coumadin)と相互作用を起こすおそれがあることがわかっています。しかし、総じて、研究では、その他の重篤な副作用は何もみられませんでした。
  2. ジメチルスルホキシド(Dimethyl Sulfoxide:DMSO)とメチルスルホニルメタン(Methylsulfonylmethane:MSM)は、関節炎の症状に使用されている化学的に関連した2つのサプリメントですが、研究ではDMSOとMSMが変形性関節症の症状に対して有用であるとは示唆されていません。安全性に関する利用可能なデータは限られていますが、胃のむかつき、皮膚刺激性、ニンニク様の味覚、口臭および体臭などに加えて、局所用のDMSOによるいくつかの副作用が報告されています。人では、MSMに伴う副作用には、アレルギー、胃のむかつき、および発疹など軽度なもののみが存在します。
  3. S-アデノシル-L-メチオニン(S-Adenosyl-L-methionine:SAMe)は、体内で自然に産生される分子で、サプリメントとしてよく摂取されていますが、膝や腰の変形性関節症に対するSAMeの使用を支持するエビデンスは十分ではありません。SAMeは一般的に安全と考えられていますが、よくある副作用には、胃腸障害、口渇、頭痛、発汗、めまい、神経過敏などが挙げられます。
  4. アボカド油と大豆油の抽出物(エキス)から作られたサプリメントであるアボカド大豆不鹸化物(avocado/soybean unsaponifiables:ASU)が変形性関節症の症状に対して中等度の有益な効果を有する可能性があるという予備的なエビデンスがあります。安全性に関する情報は、十分にありません。
  5. いくつかのハーブがOAの症状に対して有益であることを示唆する研究結果もありますが、総じてエビデンスは弱く、文献レビューの結論では相反する解釈がなされています。一般的に、ハーブは、一貫性のある方法で研究されたり、製品が調合されたりしていません。安全性のデータも、全体的に不足しています。
  6. 変形性関節症に対してサプリメントを摂取している、あるいは摂取を検討している場合、かかりつけの医療スタッフに伝えてください。使用しているサプリメントをかかりつけの医療スタッフが把握していれば、より良い治療が受けられます。
このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

統合医療とは?
情報の見極め方クイズ
eJIM利用マニュアル
ページトップ
ページトップ