文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
医療関係者の方へ ホーム  >  コミュニケーション  >  代表的なハーブについて知っておくべき5つのこと

コミュニケーション

代表的なハーブについて知っておくべき5つのこと
5 Tips: What You Should Know About Popular Herbs

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版最終アクセス確認日:2021年2月12日

ハーブ製品や植物薬は、広く市販されており、容易に入手でき、サプリメントとしてよく売られています。しかし、ハーブ製品の安全性や有効性に関する科学的な根拠(エビデンス)は、非常にさまざまです。一部のエビデンスは、製品の使用を裏づけるには限定的であり、また、安全性の懸念を払拭できないエビデンスや明確な結論を出すには不十分なものもあります。このようなばらつきのため、入手した情報を注意深く検討し、特定の製品を使用する前にかかりつけの医療スタッフに相談しましょう。

  1. 月見草油。月見草油は、湿疹、関節リウマチ更年期障害に対して民間療法または伝統療法として用いられてきましたが、これらの疾患に対して月見草油の使用を支持十分な根拠はありません。
  2. セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)うつ病に対するセントジョーンズワートの有効性を検証した試験の結果は一致していません。うつ病の治療に対するセントジョーンズワートについて一般の関心があるかもしれませんが、米国食品医薬品局(U.S. Food and Drug Administration、FDA)は、うつ病に対する市販薬または処方薬としての使用を承認していません。重要なのは、セントジョーンズワートはいくつかの医薬品(抗ウイルス薬、抗うつ薬、経口避妊薬、抗けいれん薬)の代謝に影響し、重篤な副作用を引き起こす可能性があることです。
  3. コロハ(Fenugreek)。コロハは、糖尿病や食欲低下に対する民間療法または伝統療法として、また、授乳中の女性の母乳の出を良くするために使用される場合があります。しかし、これらの症状を含めたどのような健康状態に対してもコロハの使用を支持する十分な科学的根拠はありません。歴史的に出産を誘導するためにコロハが使用されてきた過去を考慮すると、妊娠中の女性がコロハを服用する際は注意が必要です。
  4. エキナセア。全般的にみて、風邪に対するエキナセアに関する科学的な根拠の結論は出ていません。いくつかの試験では、エキナセア製剤の中には成人で風邪の罹病期間や重症度を短縮および低減させる可能性があるという限定的な根拠がありますが、風邪に対するエキナセアを検証した米国国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health、NCCIH)による四つの臨床試験の結果によると、すべての臨床試験は、エキナセアは風邪の症状の罹病期間や重症度を短縮および低減させなかったことを示しています。エキナセアの臨床試験では副作用はほとんど報告されていませんが、人によってはアレルギー反応を起こす場合があります。
  5. アロエベラ。外用:いくつかの小規模な試験では、アロエゲルを外用すると火傷や擦過傷の治癒に役立つ可能性があると示唆されています。一般的に、アロエの外用は安全であると考えられますが、1つの試験では、アロエゲルが深部の手術創の治癒を妨げる可能性が示されています。
    経口使用:アロエラテックス(乳液)は強力な緩下化合物を含んでおり、アロエラテックスの製造会社が必要な安全性データを提出していなかったため、2002年にFDAは、すべての市販されているアロエラテックス製品をアメリカ市場から回収または再調製することを要請しました。
このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

統合医療とは?
情報の見極め方クイズ
eJIM利用マニュアル
ここくら【こころとくらし】
ページトップ
ページトップ