文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
医療関係者の方へ ホーム  >  海外の情報  >  ジメチル・スルホキシドとメチルスルフォニルメタン

海外の情報

ジメチル・スルホキシド(DMSO)とメチルスルフォニルメタン(MSM)
Dimethyl Sulfoxide (DMSO) and Methylsulfonylmethane MSMS) for Osteoarthritis

[補足]
本文中の必要摂取量、推奨摂取量、上限値・下限値等は米国人を対象としたデータです。日本人に関するデータについては「日本人の食事摂取基準(厚生労働省)」などをご参照ください。
日本人の食事摂取基準(厚生労働省)

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2017年9月

ジメチル・スルホキシド(Dimethyl sulfoxide:DMSO)およびメチルスルフォニルメタン(methylsulfonylmethane:MSM)は化学的に類縁の2種類の物質で、変形性関節症に対して研究されています。DMSOは局所に使用します(皮膚に塗布)。MSMはサプリメントとして、単独またはグルコサミンなどの他の成分と組み合わせて販売されています。

要点は?

変形性関節症に対するDMSOおよびMSMの研究は少数しか実施されていません。これらの物質のどちらかが有用かどうか、結論は出ていません。

安全性

  • DMSOおよびMSMの安全性については、研究がほとんど実施されていないため不明です。DMSOの副作用は胃腸障害、皮膚刺激性、ニンニク様の味覚、口臭および体臭です。MSMの副作用はアレルギー反応、胃腸障害および発疹です。
  • 変形性関節症にDMSOまたはMSMを使用しているまたは使用を検討している場合は、かかりつけの医療スタッフに相談してください。

変形性関節症についてのさらなる情報は、国立関節炎、骨格筋、皮膚疾患研究所(NIAMS; National Institute of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases)のウェブサイト(英語サイト)をご覧ください。

医療関係者向け情報

関連するファクトシート

【免責事項】

ダイエタリーサプリメント室が作成したこのファクトシートは、情報を提供するものであり、医師のアドバイスの代わりになるものではありません。サプリメントに関する興味・関心、疑問、利用法、何があなたの健康全般のために最善かについて尋ねたい場合は、医療スタッフ(医師、管理栄養士、薬剤師など)に相談することをお勧めします。この文書内で言及している個別の商品名は、その製品を推奨しているものではありません。

このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ