文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
医療関係者の方へ ホーム  >  海外の情報  >  ビタミンB12

海外の情報

ビタミンB12
Vitamin B12

写真に掲載している食材の成分表一覧
位置 食品 100gあたりの
含有量(mg)
A 魚介類・かき・くん製油漬缶詰 32.2
B 藻類・あまのり・焼きのり 57.6
C 魚介類・かつお類・加工品・削り節 21.9
D 肉類・ぶた・肝臓・生 25.2
E 魚介類・いわし類・うるめいわし・丸干し 24.7
F 魚介類・しろさけ・イクラ 47.3
G 魚介類・あさり・缶詰・水煮 63.8
H 藻類・あまのり・味付けのり 58.1
I 肉類・豚・スモークレバー 24.4
J 魚介類・はまぐり・生 28.4

[補足]
本文中の必要摂取量、推奨摂取量、上限値・下限値等はアメリカ人を対象としたデータです。日本人に関するデータについては「日本人の食事摂取基準(厚生労働省)」などをご覧ください。
日本人の食事摂取基準(厚生労働省)

本項目の説明・解説は、米国の医療制度に準じて記載されているため、日本に当てはまらない内容が含まれている場合があることをご承知ください。

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2020年3月30日

このファクトシートは医療関係者向けです。平易なビタミンB12の概要については、「一般向け:ビタミンB12」をご覧ください。

はじめに

ビタミンB12は水溶性のビタミンで、一部の食物に含まれ自然界に存在するが、それ以外の食物では添加され、また、サプリメントや処方薬として使用される。ビタミンB12は数種類の形で存在し、鉱物のコバルトを含有するため、活性ビタミンB12化合物は総称して「コバラミン」と呼ばれる。メチルコバラミンと5-デオキシアデノコバラミンが、人体の代謝における活性型ビタミンB12である。

ビタミンB12は、正常な赤血球細胞の形成、神経機能、DNA合成に必須である。ビタミンB12は、メチオニン合成酵素およびL-メチルマロニル-CoAムターゼの補助因子として機能する。メチオニン合成酵素は、ホモシステインからメチオニンへの転換を触媒する。メチオニンは、DNA、RNA、ホルモン、タンパク質、脂質といった100種類近くのさまざまな基質に対し万能なメチル基供与体となるS-アデノシルメチオニンの形成に必須である。L-メチルマロニル-CoAムターゼは、脂質およびタンパク質の代謝において不可欠な生化学反応であるプロピオン酸分解の際に、L-メチルマロニル-CoAをスクシニル‐CoAへ変換する。また、スクシニル-CoAはヘモグロビン合成にも必要である。

ビタミンB12は、食物中ではタンパク質と結合しており、胃内で胃酸およびタンパク分解酵素の活性により遊離する。栄養強化食物やサプリメントに添加される場合の合成ビタミンB12は既に遊離型のため、この分離過程は不要である。遊離型ビタミンB12は、内因子(胃の壁細胞から分泌される糖タンパク質)と結合して複合体となり、受容体を介したエンドサイトーシスにより遠位回腸で吸収される。ビタミンB12の経口投与量1µg中の約56%が吸収されるが、(ビタミンB12投与量1~2µgで)内因子の量が上回るとビタミンB12の吸収量は大幅に減少する)。

悪性貧血は、胃粘膜が冒されることにより胃の萎縮を引き起こす自己免疫疾患である。悪性貧血は壁細胞の破壊、胃酸欠乏、内因子の産生不良を引き起こし、ビタミンB12の吸収不全が生じる。悪性貧血を治療せずに放置すると、例えビタミンB12を食事から適切に摂取していてもビタミンB12欠乏症となり、巨赤芽球性貧血や神経疾患の原因となる。

ビタミンB12の状態は、通常、血清または血漿中のビタミンB12値で評価される。成人では、ビタミンB12値が約170-250 pg/mL (120-180 picomol/L)を下回る場合、ビタミンB12欠乏症を示している。しかし、研究により、血清ビタミンB12濃度は細胞内濃度を正確に示さない場合があることが示唆されている。また、血清ホモシステイン値の増加(値>13 micromol/L)もビタミンB12欠乏症を示唆する可能性がある。しかし、この指標はビタミンB6値や葉酸値の低下など別の因子により影響を受けるため、特異度が低い。ビタミンB12の状態をみるには、メチルマロン酸値の上昇(値>0.4 micromol/L)の方がビタミンB12欠乏症にきわめて特異的な代謝変化を示すため、信頼性が高い指標となる可能性がある。

推奨摂取量

米国科学アカデミー医学研究所の食品栄養委員会(Food and Nutrition Board:FNB)が設定した食事摂取基準(Dietary Reference Intakes:DRI)には、ビタミンB12や他の栄養素の推奨摂取量が提示されている。DRIは、健常人の栄養摂取の計画と評価に関する一連の基準値に対する総称である。これらの基準値は年齢や性別ごとに異なり、次のような項目がある [5] 。

  • 推奨栄養所要量(Recommended Dietary Allowance:RDA):ほとんどすべての(97~98%)健常人が栄養所要量を満たすのに十分な平均1日摂取量。
  • 適正摂取量(Adequate Intake:AI):RDAを設定するためのエビデンスが不十分である場合に示され、十分な栄養が確保できると推定される値に設定されている。
  • 推定平均必要量(Estimated Average Requirement:EAR):健常者の50%において所要量を満たすと推定される平均1日摂取量。通常、母集団の栄養摂取量の妥当性を評価し、栄養学的に適切な食事を計画するために使用される。また、個人の栄養摂取量の評価にも利用できる。
  • 許容上限摂取量(Tolerable Upper Intake Level:UL):健康上の有害作用を引き起こすとは考えにくい最大1日摂取量。

表1に、最新のビタミンB12のRDAをµgで示す [5]。FNBは、健康な母乳栄養児の平均ビタミンB12摂取量を、生後0〜12カ月齢の乳児におけるビタミンB12のAIに設定している。

表1: ビタミンB12の推奨栄養所要量(RDA)
表1: ビタミンB12の推奨栄養所要量(RDA)
年齢 男性 女性 妊婦 授乳婦
生後0~6カ月 0.4µg 0.4µg    
生後7~12カ月* 0.5 µg 0.5 µg
1~3歳 0.9 µg 0.9 µg
4~8歳 1.2 µg 1.2 µg
9~13歳 1.8 µg 1.8 µg
14歳以上 2.4 µg 2.4 µg 2.6 µg 2.8 µg

*適正摂取量(AI)

ビタミンB12の摂取源

食物(1オンスは約28g、1カップは240ml)食物

ビタミンB12は魚、肉、鳥肉、卵、牛乳、乳製品などの動物性食物中にみられる。ビタミンB12は植物性食物には一般的にみられず、ベジタリアンにとって、栄養強化シリアル類が体内でのバイオアベイラビリティー(生物学的利用能)が高く手軽に利用できるビタミンB12供給源となる。また、一部のニュートリショナルイースト(乾燥酵母食物)にもビタミンB12が含まれる。栄養強化食物は製法に違いがあるため、製品に含まれる添加栄養素を確認するには製品ラベルを読むことが大事である。

ビタミンB12の供給源となる食物を表2に記載している。

表2:ビタミンB12源となる食物群
表2:ビタミンB12源となる食物群
食物(1オンスは約28g、1カップは240ml) 1食あたりのマイクログラム(µg) (1オンスは約28g、1カップは240ml) %DV*
ハマグリ類、加熱、3オンス(90g) 84.1 3,504
レバー、牛肉、加熱、3オンス(90g) 70.7 2,946
ニジマス、天然、加熱、3オンス(90g) 5.4 225
紅鮭、調理済み、3オンス(240g) 4.8 200
ニジマス、養殖、加熱、3オンス(90g) 3.5 146
マグロ、低カロリー、水煮缶、3オンス(90g) 2.5 104
朝食用シリアル類、ビタミンB12の1日摂取量100%添加、1食分 2.4 100
チーズバーガー、パン・パティ各2枚、1個分 2.1 88
コダラ、加熱、3オンス(90g) 1.8 75
牛肉、最高級サーロイン、グリル焼き、3オンス(90g) 1.4 58
牛乳、低脂肪、1カップ(240ml) 1.2 50
ヨーグルト、果物、低脂肪、8オンス(240g) 1.1 46
チーズ、スイス産、1オンス(28g) 0.9 38
ビーフ・タコス、ソフトタコス1個 0.9 38
朝食用シリアル類、ビタミンB12の1日摂取量25%添加、1食分 0.6 25
ハム、塩漬け、焼、3オンス(90g) 0.6 25
卵、全卵、固ゆで、L1個 0.6 25
鶏、胸肉、炙り、3オンス(90g) 0.3 13

*DV = 1日摂取量。FDAは、消費者が食事全体における食物およびサプリメントの栄養素含有量を比較するのに役立つようDVを設定した。最新の栄養成分表示および表2に記載のセレニウムに対するDVは成人および4歳以上の小児で55µgである[17].FDAは、製造業者に2020年1月より最新の栄養成分表示 を使用するよう義務付けているが、年間売上1千万ドル以下の業者に関しては、2021年1月まではビタミンB12 DV 6.0µgの古い表示の継続使用を許可している[16,18]。 FDAは、ビタミンB12が食物に追加されていない限り、ビタミンB12含有量を食品ラベルに表記することを要求していない。DVが20%以上となる食品は高栄養源と考えられるが、DVのパーセンテージが低い食物でも健康的な食事をとることができる。

米国農務省(USDA)のFoodData Centralでは、多くの食物の栄養素含有量をリストアップし、栄養素含有量別および食物別に整理された、ビタミンB12を含む食物の総合リストを提供している。

サプリメント

通常、サプリメントの成分として含まれるビタミンB12はシアノコバラミンであり、体内で速やかに活性型のメチルコバラミンや5-デオキシアデノシルコバラミンに変換される。また、サプリメントには、メチルコバラミンや別の型のビタミンB12が含まれる場合がある。

現存する科学的根拠(エビデンス)では、吸収やバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)に関して分子構造間での相違点は何も示唆されていない。しかし、人体がサプリメントからビタミンB12を吸収できる能力は、大半が内因子の産生量により制限される。例えば、健康な人では、実際には経口サプリメント500µgのうち約10µgしか吸収されない。

経口サプリメントに関して捕足すると、ビタミンB12は舌下錠あるいはトローチ剤など、口腔粘膜から吸収される製剤としても利用可能である。これらの剤型は優れたバイオアベイラビリティがあるとして販売されることが多いが、内服剤と舌下錠との間で有効性の違いを示唆するエビデンスはない。

処方医薬品

ビタミンB12(シアノコバラミン、場合によりヒドロキソコバラミン)は、処方薬として非経口投与(通常は筋肉内注射)されることがある。非経口投与は、主として悪性貧血の他、ビタミンB12の吸収不全や深刻なビタミンB12不足を引き起こす病態によるビタミンB12欠乏症の治療に使われる。

また、ビタミンB12は鼻腔内用スプレー式ゲル剤の処方医薬品としても有用で、ビタミンB12 注射に代わるものとして販売されることにより、一部の人の選択肢を広げられる可能性がある[21]。鼻腔内用ゲル剤は、小児、成人においてビタミンB12の血中濃度を上げるのに効果的とみられているが[22,23]、臨床的にはまだ十分に研究されていない。

ビタミンB12の摂取状況

1988~1994年に行われた全米健康栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey : NHANESⅢ)[5,24] と1994~1996年に行われた個人別食物摂取継続調査(Continuing Survey of Food Intakes by Individuals)からのデータ解析によれば、アメリカ国内の小児および成人の大半はビタミンB12の推奨量を摂取している[5]。1999~2000年に行われたNHANESからのデータでは、アメリカ国民全体のビタミンB12の1日摂取量中央値は3.4µgであったことが示されている[25]。

一部の人(特に悪性貧血をもつ高齢者、低酸症あるいは無酸症で胃の酸性度が低下した高齢者、腸に疾患を持つ高齢者など)では、食物や、場合によっては内服サプリメントからのビタミンB12の摂取が困難となる[26,27]。結果的に、ビタミンB12欠乏症は一般的にみられ、全体人口の1.5~15%に及ぶ[28,29]。これらの場合の多くでは、ビタミンB12欠乏症の原因は不明である[8]。

Framingham Heart Study (FHS)の第二世代コホート研究からのエビデンスにより、若年者のビタミンB12欠乏症の有病率は以前推定されたよりも上回る可能性があることが示唆されている[15]。本研究では、3つの年齢別集団(26~49歳、50~64歳、65歳以上)で、ビタミンB12の血中濃度が不足している参加者の割合は類似していることが判明した。また、この研究により、ビタミンB12含有サプリメントを摂取、あるいは、栄養強化シリアルを週4回以上摂取している人は、ビタミンB12欠乏症を引き起こす可能性がきわめて低いことがわかった。

食物からビタミンB12を摂取するのが困難な人や、動物性食物を摂取しないベジタリアンでは、ビタミンB12強化食物、ビタミンB12サプリメントの摂取あるいは注射剤による有益性(ベネフィット)がある可能性がある[30]。

ビタミンB12欠乏症

ビタミンB12欠乏症は、巨赤芽球貧血、疲労感、衰弱、便秘、食欲不振、体重減少が現れることを特徴とする[1,3,31]。また、手足のしびれや刺痛といった神経系の変化も引き起こす場合がある[5,32]。ビタミンB12欠乏症の別の症状には、平衡機能障害、うつ、錯乱、認知症、記憶力低下、口や舌の痛みなどがある[33]。ビタミンB12欠乏症の神経症状は貧血を伴わないことがあるため、不可逆的な障害を回避するには早期診断と治療介入が大切である [6]。乳児期のビタミンB12欠乏症の徴候には、発育不全、運動障害、成長遅延、巨赤芽球貧血などがあげられます[34]。これらの症状の多くはよくみられ、ビタミンB12欠乏症以外のさまざまな病態により起こる可能性がある。

通常、ビタミンB12欠乏症は、吸収障害を回避するためビタミンB12注射剤の投与により治療される。しかし、ビタミンB12内服薬の高用量投与も有効とみられている。ビタミンB12の内服と筋注を比較したランダム化比較試験のレビュー著者らは、ビタミンB12を1日2,000µg連日経口投与後、1日1,000µgに減量し、さらに1週間1,000µg、最終的に1カ月1,000µgまで減らすことにより、筋肉内注射と同等な有効性を示す可能性があると結論づけた[28,29]。ビタミンB12を経口または注射のどちらで投与するかを総合的に判定するには、患者個人のビタミンB12吸収能力が最も重要な要素となる[8]。ほとんどの国で、ビタミンB12欠乏症の治療としてビタミンB12筋肉内投与を行う療法は変わっていない[3,5] 。

葉酸とビタミンB12

葉酸の大量摂取により、ビタミンB12欠乏で併発した神経障害を修復しないまま[1,35]巨赤芽球貧血は改善されるためビタミンB12欠乏症による障害の影響がわかりにくくなる可能性がある[3,5] 。さらに、予備検証により、高濃度の血清葉酸値はビタミンB12欠乏症をわかりづらくさせるだけではなく、ビタミンB12欠乏症に関連する貧血を増悪させたり認知症状も悪化させたりする可能性もあることが示唆されている[6,11]。ビタミンB12欠乏症が治療されない場合、永久的な神経障害が生じることがある。したがって、健康な成人は、栄養強化食物やサプリメントから1日1,000µgを超える葉酸を摂取すべきではない[5]。

ビタミンB12欠乏のリスク群

ビタミンB12欠乏症の主な原因には、食事からの吸収不全、悪性貧血、術後の吸収不良、食事からの摂取不足などがある[12]。しかし、多くの場合、ビタミンB12欠乏症の原因は不明である。以下に該当する人は、ビタミンB12欠乏症になる可能性がきわめて高くなる

高齢者

萎縮性胃炎は高齢者の10~30%にみられる疾患で、胃内での胃酸分泌が減少することによりビタミンB12の吸収低下を引き起こす[5,11,36-40]。また、胃酸量が減少すると、ビタミンB12を利用する常在腸内細菌の増殖が亢進し、人体が利用できるビタミンB12量がさらに減少する[41]。

萎縮性胃炎を患う人は、食物中に自然に含まれるビタミンB12の吸収ができない。しかし、そのうちほとんどの人は栄養強化食物やサプリメントに添加された合成ビタミンB12を吸収することができる。結果的に、米国医学研究所(Institute of Medicine:IOM)は、50歳以上の成人はビタミンのサプリメントあるいは栄養強化食物からビタミンB12の大半を摂取することを推奨している [5]。しかし、萎縮性胃炎の高齢者の中には、無症候性欠乏症を避けるため、推奨栄養所要量(RDA)よりさらに高用量のビタミンB12が必要な人もいる[42]。

悪性貧血の人

悪性貧血は、高齢者のうち1~2%でみられ、内因子の欠乏が特徴である[11]。悪性貧血の人は、消化管内でビタミンB12が正常に吸収されない[3,5,9,10]。通常、悪性貧血はビタミンB12の筋肉内投与により治療される。しかし、内因子が不足していても[11]、経口投与されたビタミンB12の約1%は受動的に吸収されるため、ビタミンB12の高用量経口投与による治療も有効とされることが示唆されている。

胃腸症状を有する人

セリアック病やクローン病など、胃および小腸の疾患を有する人は、健康を維持するために十分なビタミンB12を食物から吸収することができない場合がある[12,27]。初期のビタミンB12欠乏症により生じる認知機能のわずかな減少は、こうした腸疾患の唯一の初期症状であると考えられ、巨赤芽球貧血や認知症がそれに続く。

胃腸の手術を受けたことがある人

減量手術や胃の全摘または部分切除などの胃腸の外科手術では、しばしば胃酸や内因子を分泌する細胞の欠損が生じる[5,43,44]。それにより、特に、食物中に含まれ、体内で遊離し吸収されるビタミンB12量が減少する[45]。また、遠位回腸の切除手術でもビタミンB12の吸収不能が生じる場合がある。こういった外科手術を受ける人は、術前および術後に、ビタミンB12欠乏症を含めた複数の栄養素に欠乏がないか検査を受けるべきである [46]。

ベジタリアン

天然のビタミンB12供給源は動物性食物に限られるため、厳格なベジタリアンやビーガン(完全菜食主義者)では、乳卵ベジタリアンや非ベジタリアンに比べビタミンB12欠乏症の発現リスクがきわめて高くなる[5]。栄養を強化した朝食用シリアルやしたニュートリショナルイースト(乾燥酵母)は植物由来の数少ないビタミンB12摂取源の一部で、厳格なベジタリアンやビーガンにとってのビタミンB12供給源として有用である。栄養強化食物は製法に違いがあるため、製品に含まれる添加栄養素を確認するには製品ラベルを読むことが大事である。

厳格な菜食主義を守る妊婦および授乳中の女性とその乳児

ビタミンB12は、妊娠中胎盤を通過し、母乳中に移行する。動物性食物を全く摂取しない母親から母乳のみで育てられる乳児は、ビタミンB12の確保がきわめて制限される可能性があり、生後数カ月以内にビタミンB12欠乏症を発症することがある [5,47]。乳児のビタミンB12欠乏症が発見されずに治療を受けないでいると、重篤で永続的な神経障害が生じる可能性がある。

米国栄養士会(Academy of Nutrition and Dietetics)では、妊娠中および授乳中のいずれの期間も、胎児や乳児へ十分なビタミンB12が確実にいきわたるよう、ビーガンや乳卵ベジタリアンに対し、ビタミンB12サプリメントの摂取を推奨している。厳格なベジタリアンあるいはビーガンを守る妊婦や授乳中の女性は、乳幼児や小児のために、ビタミンB12サプリメントについて小児科医に相談すること。

ビタミンB12と健康

心血管系疾患

心血管疾患は、アメリカなどの先進国で最もよくみられる死因であり、発展途上国においても増加している。心血管疾患のリスク因子には、低比重リポタンパク(low-density lipoprotein:LDL)値の上昇、高血圧、高比重リポタンパク(high-density lipoprotein:HDL)値の低下、肥満、糖尿病などがある[49]。

また、ホモシステイン値の上昇も、独立した心血管疾患のリスク因子として確認されている[50-52]。ホモシステインはメチオニン由来の含硫アミノ酸で、通常は血液中に存在している。ホモシステイン値の上昇は血栓の形成を亢進し、血管内皮による血管運動調整機能を損ない、脂質の過酸化を促進させ、血管平滑筋の増殖を引き起こすと考えられている[50,51,53]。後ろ向き横断的研究ならびに前向き研究からの科学的根拠(エビデンス)は、冠動脈心疾患および脳卒中とホモシステイン値の上昇とを関連付けている [50,53-62]。

ビタミンB12、葉酸ビタミンB6は、ホモシステインの代謝に関与している。ビタミンB12が不足した状態では、メチオニン合成酵素の機能が不十分となり、ホモシステイン値は上昇する可能性がある[6]。複数のランダム化比較試験の結果から、ビタミンB12サプリメントと葉酸サプリメントを併用すると、ビタミンB6の併用・非併用に関係なく血管疾患あるいは糖尿病の患者、および若年成人女性で、ホモシステイン値が減少することが示されている[63-71]。別の研究では、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントを8週間摂取した高齢者に、ホモシステイン値の有意な低下がみられた[72]。

ある研究のエビデンスとして、葉酸およびビタミンB12サプリメントにホモシステイン値を低下させる役割があることが示されているが、複数の大規模前向き研究からのエビデンスでは、それらのサプリメントが心血管疾患のリスクを低下させるということは示されていない[52,66-71]。心血管疾患の発現リスクが高く、ビタミンB12 1mg、葉酸2.5mg、ビタミンB6 50mgを含有するサプリメントを7.3年間連日摂取している女性を対象としたWomen's Antioxidant and Folic Acid Cardiovascular研究では、ホモシステイン値が低下したにも関わらず、主要な心血管イベントのリスクの減少はみられなかった[69]。Heart Outcomes Prevention Evaluation(HOPE)2試験では、54歳以上の血管疾患あるいは糖尿病の患者5,522例が対象となり、葉酸2.5mg、ビタミンB6 50mg、ビタミンB12 1mgによる平均5年間の連日治療で、ホモシステイン値および脳卒中リスクが低下したことが判明したが、主要な心血管イベントのリスクは減少しなかった[67]。Western Norway B Vitamin Intervention試験では、冠動脈造影を受けている3,096例が対象となり、1年間にわたるビタミンB12 0.4mgと葉酸 0.8mgのサプリメントおよびビタミンB6 40mgとの併用あるいは非併用での連日摂取により、ホモシステイン値が30%低下したが、38カ月の追跡期間中の全死亡率あるいは主要な心血管疾患イベントリスクには影響を及ぼさなかった[70]。<638>Norwegian Vitamin(NORVIT)試験[66]とVitamin Intervention for Stroke Prevention試験は同様の結果であった[71]。

米国心臓協会(American Heart Association)は、現在のエビデンスでは、ビタミンB群に心血管リスクを減少させるという役割があることを裏付けるのは不十分だと結論づけている[52]。

認知症および認知機能

研究者らは、ビタミンB12欠乏症と認知症との潜在的な関連性について関心を抱いてきた[51,73]。ビタミンB12が欠乏すると血中のホモシステインが蓄積し[6] 、神経伝達物質の代謝に必要とされる物質の値が低下する可能性がある[74]。観察研究では、ホモシステイン値の上昇と、アルツハイマー病および認知症の双方との間に明白な因果関係が示されている[6,51,75]。また、低ビタミンB12も認知機能低下と明らかに関連性がみられる[76]。

ビタミンB12によりホモシステイン値が低下し、低ビタミンB12と認知機能低下に相関性がみられるというエビデンスがあったとしても、研究では認知機能に対するビタミンB12の単独効果は示されていない[77-81]。あるランダム化二重盲検プラセボ対照試験では、認知障害がない、または中等度の認知障害がみられる70歳以上の高齢者195例を対象とし、ビタミンB12 1,000µg、ビタミンB12 1,000µg+葉酸400µg、あるいはプラセボが24週間投与された [77]。ビタミンB12+葉酸投与群ではホモシステイン濃度が36%低下したが、ビタミンB12投与群とビタミンB12+葉酸治療群のいずれにおいても認知機能の改善はみられなかった。

Women's Antioxidant and Folic Acid Cardiovascular研究では、心血管疾患リスクの高い女性参加者を、ビタミンB12 1mg+葉酸 2.5mg+ビタミンB6 50mgを含有するサプリメントの連日投与群、とプラセボ群のいずれかに無作為に割り付けた[80]。平均1.2年後、ビタミンB類補充群では、プラセボ群に比べ、開始時点からの認知機能の平均的変化に影響はみられなかった。しかし、ベースライン時に食物由来のビタミンB摂取量が低かった女性の小集団では、ビタミンB補充により認知機能低下速度が有意に抑えられた。Alzheimer's Disease Cooperative 研究団体により行われた試験では、軽度~中等度のアルツハイマー病患者を対象とし、ビタミンB12 1mg、葉酸 5mg、ビタミンB6 25mgが18カ月間連日投与されたが、プラセボ群に比べ、認知機能低下の緩徐化はみられなかった[81]。認知症リスクのある142人を対象とした別の研究でも、葉酸 2mg、ビタミンB12 1mgが12週間投与され、同様の結果であった [79]。

二つのコクランレビュー、および、ビタミンB群の認知機能に対する効果に関するランダム化比較試験のシステマティックレビュー著者らは、ビタミンB12単独投与、あるいはビタミンB6か葉酸との併用投与が認知機能または認知症へ効果があるかどうかを示す科学的根拠(エビデンス)は不十分と結論づけた[82-84]。ビタミンB12が認知機能や認知症に対し直接的な効果があるかどうかを評価するためには、ビタミンB12補充療法についてのさらなる大規模臨床試験が必要である[6]。

エネルギーと持久力

エネルギー代謝での役割から、ビタミンB12はよくエネルギー増強剤、運動能力や持久力の増幅剤として宣伝された。この宣伝文句は、ビタミンB12欠乏症によって生じた巨赤芽球貧血を治療することにより、貧血による疲労感、体力低下などの症状が改善するという事実に基づいている。しかし、栄養摂取不足がない場合、ビタミンB12補充による運動能力に対する有効性はないと思われる [85]。

ビタミンB12過剰摂取による健康上のリスク

米国医学研究所(IOM)は、ビタミンB12は有毒となる可能性が低いため耐容上限量(UL)は設けていない。食事摂取基準:チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチン、コリンにおいて、IOMは、「健康な人で、食物やサプリメントから過剰なビタミンB12をした場合の有害事象はみられていない」と明言している[5]。

介入試験からの結果は、その結論を裏づけている。NORVIT試験およびHOPE試験において、ビタミンB12補充(葉酸とビタミンB6との併用)で0.4 mgを40カ月間(NORVIT試験)、1.0 mgを5年間(HOPEの2試験)投与した場合、重篤な有害事象は一切起こらなかった[66,67]。

医薬品との相互作用

ビタミンB12は一部の医薬品と相互作用を起こす可能性がある。加えて、複数の医薬品によりビタミンB12値に悪影響が及ぶことがある。以下に例を記載する。該当する医薬品や他の医薬品を定期的に服用している人は、ビタミンB12の状態について担当の医療スタッフと話し合うべきである。

クロラムフェニコール

クロラムフェニコール(Chloromycetin®)は、静菌的抗菌薬である。症例報告からの限定された科学的根拠(エビデンス)によれば、クロラムフェニコールは、一部の患者で、ビタミンB12補充治療に対する赤血球の反応を妨げる可能性があることが示されている [86]。

プロトンポンプ阻害剤

オメプラゾール (Prilosec®) やランソプラゾール(Prevacid®)などのプロトンポンプ阻害薬は、胃食道逆流症や消化性潰瘍の治療に使われる。これらの医薬品は、胃内への胃酸分泌を緩徐化することにより、食物中のビタミンB12の吸収を妨げる可能性がある [87-89]。しかし、エビデンスによれば、プロトンポンプ阻害薬使用によるビタミンB12値への影響の有無について一定の見解は得られていない[90-93]。予防策として、医療スタッフは、長期間プロトンポンプ阻害薬を服用している患者では、ビタミンB12 の状態を検査すべきである[86]。

H2受容体拮抗薬

消化性潰瘍の治療に使われるヒスタミンH2受容体拮抗薬には、シメチジン(Tagamet®)、ファモチジン(Pepcid®)、ラニチジン(Zantac®)などがある。これらの薬は、胃内への胃酸分泌速度を緩徐化することにより、食物からビタミンB12が吸収されるのを妨げる可能性がある。H2受容体拮抗薬にはビタミンB12欠乏症を起こす可能性があるが[94]、長期使用後であってもビタミンB12欠乏症を促進するということを示すエビデンスはない[93]。臨床的に意味のある影響は、特に2年以上H2受容体拮抗薬を連用し、ビタミンB12の貯蔵量が不十分な患者で多くみられると思われる[94]。

メトホルミン

メトホルミンは糖尿病治療に使用される血糖降下薬で[95-97]、おそらく、腸運動の変動、腸内細菌の過剰繁殖の促進、回腸細胞でのビタミンB12-内因子複合体のカルシウム依存性取り込みの変動により ビタミンB12の吸収を低下させると考えられている[95-97]。小規模研究および症例報告により、メトホルミンを服用している患者の10~30%で、ビタミンB12の吸収が減少したことが示唆されている[96,97]。2型糖尿病患者を対象としたランダム化プラセボ対照試験では、4.3年間のメトホルミン治療によりビタミンB12値が有意に19%減少し、プラセボ群に比べ、ビタミンB12欠乏症のリスクが7.2%増加した[96,97]。一部の研究では、カルシウムの補充がメトホルミンによるビタミンB12吸収障害の改善に有用な可能性が示唆されているが、すべての研究者の意見が一致しているわけではない[99]。

ビタミンB12と健康的な食事

米連邦政府が公表している「アメリカ人のための食生活の指針2015-2020」では、「栄養は主として食事から摂取すべきである。栄養分を豊富に含む食物(多くは未加工品)には、サプリメントに含まれることの多い必須ビタミンやミネラルだけでなく、食物繊維や体によい天然成分も含有している。場合によっては、強化食品やサプリメントは、補充しなければ推奨量を下回る可能性のある1つ以上の栄養素の摂取に有用と考えられる」と指摘している。

健康的な食事に関する詳細はDietary Guidelines for Americans(アメリカ人のための食生活指針)(英語サイト)と米国農務省の食事の指針システム、MyPlate(私の食事)(英語サイト)を確認すること。

「アメリカ人のための食生活指針」では健康的な食事を次のように述べている。

  • 魚や赤身肉はビタミンB12の優れた供給源である。また、鳥肉や卵類にもビタミンB12が含まれている。
  • さまざまな種類の野菜、果物、全粒穀物、無脂肪もしくは低脂肪牛乳と乳製品、油を重視している
  • 牛乳や乳製品はビタミンB12の良好な摂取源である。多くのインスタント朝食用シリアルは、ビタミンB12が添加され栄養価が強化されている。
  • 魚介類、赤身の肉、鶏肉、卵、マメ科植物(インゲン豆、エンドウ豆)、ナッツ類、種子、大豆食品などのタンパク質食物に含む。
  • 飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、添加糖質、塩分および(ナトリウム)を少なくする。
  • 1日に必要なカロリー摂取量を超えない。
このページの情報は役に立ちましたか?

参考文献

  1. Herbert V. Vitamin B12 in Present Knowledge in Nutrition. 17th ed. Washington, DC: International Life Sciences Institute Press, 1996.
  2. Herbert V, Das K. Vitamin B12 in Modern Nutrition in Health and Disease. 8th ed. Baltimore, MD: Williams & Wilkins, 1994.
  3. Combs G. Vitamin B12 in The Vitamins. New York: Academic Press, Inc., 1992.
  4. Zittoun J, Zittoun R. Modern clinical testing strategies in cobalamin and folate deficiency. Sem Hematol 1999;36:35-46. [PubMed abstract(英語サイト)]
  5. Institute of Medicine. Food and Nutrition Board. Dietary Reference Intakes: Thiamin, Riboflavin, Niacin, Vitamin B6, Folate, Vitamin B12, Pantothenic Acid, Biotin, and Choline. Washington, DC: National Academy Press, 1998.
  6. Clarke R. B-vitamins and prevention of dementia. Proc Nutr Soc 2008;67:75-81. [PubMed abstract(英語サイト)]
  7. Klee GG. Cobalamin and folate evaluation: measurement of methylmalonic acid and homocysteine vs vitamin B(12) and folate. Clin Chem 2000;46:1277-83. [PubMed abstract(英語サイト)]
  8. Carmel R. How I treat cobalamin (vitamin B12) deficiency. Blood.2008;112:2214-21. [PubMed abstract(英語サイト)]
  9. Gueant JL, Safi A, Aimone-Gastin I, Rabesona H, Bronowicki J P, Plenat F, et al. Autoantibodies in pernicious anemia type I patients recognize sequence 251-256 in human intrinsic factor. Proc Assoc Am Physicians 1997;109:462-9. [PubMed abstract(英語サイト)]
  10. Kapadia CR. Vitamin B12 in health and disease: part I—inherited disorders of function, absorption, and transport. Gastroenterologist 1995;3:329-44. [PubMed abstract(英語サイト)]
  11. Johnson MA. If high folic acid aggravates vitamin B12 deficiency what should be done about it? Nutr Rev 2007;65:451-8. [PubMed abstract(英語サイト)]
  12. Andrès E, Federici L, Affenberger S, Vidal-Alaball J, Loukili NH, Zimmer J, et al. B12 deficiency: a look beyond pernicious anemia. J Fam Pract 2007;56:537-42. [PubMed abstract(英語サイト)]
  13. U.S. Department of Agriculture, Agricultural Research Service.FoodData Central(英語サイト), 2019.
  14. Subar AF, Krebs-Smith SM, Cook A, Kahle LL. Dietary sources of nutrients among US adults, 1989 to 1991. J Am Diet Assoc 1998;98:537-47. [PubMed abstract(英語サイト)]
  15. Tucker KL, Rich S, Rosenberg I, Jacques P, Dallal G, Wilson WF, et al. Plasma vitamin B12 concentrations relate to intake source in the Framingham Offspring Study. Am J Clin Nutr 2000;71:514-22. [PubMed abstract(英語サイト)]
  16. U.S. Food and Drug Administration.Guidance for Industry:A Food Labeling Guide(英語サイト) (14.Appendix F:Calculate the Percent Daily Value for the Appropriate Nutrients).2013.
  17. U.S. Food and Drug Administration.Food Labeling:Revision of the Nutrition and Supplement Facts Labels(英語サイト). 2016.
  18. U.S. Food and Drug Administration.Food Labeling:Revision of the Nutrition and Supplement Facts Labels and Serving Sizes of Foods That Can Reasonably Be Consumed at One Eating Occasion; Dual-Column Labeling; Updating, Modifying, and Establishing Certain Reference Amounts Customarily Consumed; Serving Size for Breath Mints; and Technical Amendments; Proposed Extension of Compliance Dates(英語サイト). 2017.
  19. Yazaki Y, Chow G, Mattie M. A single-center, double-blinded, randomized controlled study to evaluate the relative efficacy of sublingual and oral vitamin B-complex administration in reducing total serum homocysteine levels. J Altern Complement Med 2006;12:881-5. [PubMed abstract(英語サイト)]
  20. Sharabi A, Cohen E, Sulkes J, Garty M. Replacement therapy for vitamin B12 deficiency: comparison between the sublingual and oral route. Br J Clin Pharmacol 2003;56:635-8. [PubMed abstract(英語サイト)]
  21. Suzuki DM, Alagiakrishnan K, Masaki KH, Okada A, Carethers M. Patient acceptance of intranasal cobalamin gel for vitamin B12 replacement therapy. Hawaii Med J 2006;65:311-4. [PubMed abstract(英語サイト)]
  22. Slot WB, Merkus FW, Van Deventer SJ, Tytgat GN. Normalization of plasma vitamin B12 concentration by intranasal hydroxocobalamin in vitamin B12-deficient patients. Gastroenterology.1997;113:430-3. [PubMed abstract(英語サイト)]
  23. Estourgie-van Burk GF, van der Kuy PHM, de Meij TG, Benninga MA, Kneepkens CMF.Intranasal treatment of vitamin B12 deficiency in children.Eur J Pediatr 2020;179:349-52.[PubMed abstract(英語サイト)]
  24. Bialostosky K, Wright JD, Kennedy-Stephenson J, McDowell M, Johnson CL. Dietary intake of macronutrients, micronutrients and other dietary constituents: United States, 1988-94. Vital Heath Stat 11 2002;(245):1-158. [PubMed abstract(英語サイト)]
  25. Ervin RB, Wright JD, Wang CY, Kennedy-Stephenson J. Dietary intake of selected vitamins for the United States population: 1999-2000(英語サイト). Advance Data from Vital and Health Statistics; no 339. Hyattsville, Maryland: National Center for Health Statistics. 2004.
  26. Carmel R. Cobalamin, the stomach, and aging. Am J Clin Nutr 1997;66:750-9. [PubMed abstract(英語サイト)]
  27. Carmel R. Malabsorption of food cobalamin. Baillieres Clin Haematol 1995;8:639-55. [PubMed abstract(英語サイト)]
  28. Vidal-Alaball J, Butler CC, Cannings-John R, Goringe A, Hood K, McCaddon A, et al. Oral vitamin B12 versus intramuscular vitamin B12 for vitamin B12 deficiency. Cochrane Database Syst Rev 2005;(3):CD004655. [PubMed abstract(英語サイト)]
  29. Butler CC, Vidal-Alaball J, Cannings-John R, McCaddon A, Hood K, Papaioannou A, et al. Oral vitamin B12 versus intramuscular vitamin B12 for vitamin B12 deficiency: a systematic review of randomized controlled trials. Fam Pract 2006;23:279-85. [PubMed abstract(英語サイト)]
  30. Markle HV. Cobalamin. Crit Rev Clin Lab Sci 1996;33:247-356. [PubMed abstract(英語サイト)]
  31. Bernard MA, Nakonezny PA, Kashner TM. The effect of vitamin B12 deficiency on older veterans and its relationship to health. J Am Geriatr Soc 1998;46:1199-206. [PubMed abstract(英語サイト)]
  32. Healton EB, Savage DG, Brust JC, Garrett TF, Lindenbaum J. Neurological aspects of cobalamin deficiency. Medicine 1991;70:229-44.
  33. Bottiglieri T. Folate, vitamin B12, and neuropsychiatric disorders. Nutr Rev 1996;54:382-90. [PubMed abstract(英語サイト)]
  34. Monsen ALB, Ueland PM. Homocysteine and methylmalonic acid in diagnosis and risk assessment from infancy to adolescent. Am J Clin Nutr 2003;78:7-21. [PubMed abstract(英語サイト)]
  35. Chanarin I. Adverse effects of increased dietary folate. Relation to measures to reduce the incidence of neural tube defects. Clin Invest Med 1994;17:244-52. [PubMed abstract(英語サイト)]
  36. Huritz A, Brady DA, Schaal SE, Samloff IM, Dedon J, Ruhl CE. Gastric acidity in older adults. J Am Med Assoc 1997;278:659-62. [PubMed abstract(英語サイト)]
  37. Andrews GR, Haneman B, Arnold BJ, Booth JC, Taylor K. Atrophic gastritis in the aged. Australas Ann Med 1967;16:230-5. [PubMed abstract(英語サイト)]
  38. Johnsen R, Bernersen B, Straume B, Forder OH, Bostad L, Burhol PG. Prevalence of endoscopic and histological findings in subjects with and without dyspepsia. Br Med J 1991;302:749-52. [PubMed abstract(英語サイト)]
  39. Krasinski SD, Russell R, Samloff IM, Jacob RA, Dalal GE, McGandy RB, et al. Fundic atrophic gastritis in an elderly population: Effect on hemoglobin and several serum nutritional indicators. J Am Geriatr Soc 1986;34:800-6. [PubMed abstract(英語サイト)]
  40. Carmel R. Prevalence of undiagnosed pernicious anemia in the elderly. Arch Intern Med 1996;156:1097-100. [PubMed abstract(英語サイト)]
  41. Suter PM, Golner BB, Goldin BR, Morrow FD, Russel RM. Reversal of protein-bound vitamin B12 malabsorption with antibiotics in atrophic gastritis. Gastroenterology 1991;101:1039-45. [PubMed abstract(英語サイト)]
  42. Carmel R, Sarrai M. Diagnosis and management of clinical and subclinical cobalamin deficiency: advances and controversies. Curr Hematol Rep 2006;5:23-33. [PubMed abstract(英語サイト)]
  43. Sumner AE, Chin MM, Abraham JL, Gerry GT, Allen RH, Stabler SP. Elevated methylmalonic acid and total homocysteine levels show high prevalence of vitamin B12 deficiency after gastric surgery. Ann Intern Med 1996;124:469-76. [PubMed abstract(英語サイト)]
  44. Brolin RE, Gorman JH, Gorman RC, Petschenik A J, Bradley L J, Kenler H A, et al. Are vitamin B12 and folate deficiency clinically important after roux-en-Y gastric bypass? J Gastrointest Surg 1998;2:436-42. [PubMed abstract(英語サイト)]
  45. Doscherholmen A, Swaim WR. Impaired assimilation of egg Co 57 vitamin B 12 in patients with hypochlorhydria and achlorhydria and after gastric resection. Gastroenterology 1973;64:913-9. [PubMed abstract(英語サイト)]
  46. Commonwealth of Massachusetts, Betsy Lehman Center for Patient Safety and Medical Error Reduction. Expert Panel on Weight Loss Surgery, Executive Report, 2007.
  47. von Schenck U, Bender-Gotze C, Koletzko B. Persistence of neurological damage induced by dietary vitamin B12 deficiency in infancy. Arch Dis Childhood 1997;77:137-9. [PubMed abstract(英語サイト)]
  48. Kaiser L, Allen LH. Position of the American Dietetic Association: nutrition and lifestyle for a healthy pregnancy outcome. J Am Diet Assoc 2008;108:553-61. [PubMed abstract(英語サイト)]
  49. National Institutes of Health.Third report of the National Cholesterol Education Program Expert Panel on Detection, Evaluation, and Treatment of High Blood Cholesterol in Adults (Adult Treatment Panel III).Bethesda, MD: National Cholesterol Education Program, National Heart, Lung, and Blood Institute, National Institutes of Health, September 2002.NIH Publication No. 02-5215.
  50. Refsum H, Nurk E, Smith AD, Ueland PM, Gjesdal CG, Bjelland I, et al. The Hordaland Homocysteine Study: a community-based study of homocysteine, its determinants, and associations with disease. J Nutr 2006;136(6 Suppl):1731S-40S. [PubMed abstract(英語サイト)]
  51. Schulz RJ. Homocysteine as a biomarker for cognitive dysfunction in the elderly. Curr Opin Clin Nutr Metab Care 2007;10:718-23. [PubMed abstract(英語サイト)]
  52. American Heart Association Nutrition Committee, Lichtenstein AH, Appel LJ, Brands M, Carnethon M, Daniels S, et al. Diet and lifestyle recommendations revision 2006: a scientific statement from the American Heart Association Nutrition Committee. Circulation 2006;114:82-96. [PubMed abstract(英語サイト)]
  53. Malinow MR. Plasma homocyst(e)ine and arterial occlusive diseases: a mini-review. Clin Chem 1995;41:173-6. [PubMed abstract(英語サイト)]
  54. Selhub J, Jacques PF, Bostom AG, D’Agostino RB, Wilson PW, Belanger AJ, et al. Association between plasma homocysteine concentrations and extracranial carotid-artery stenosis. N Engl J Med 1995;332:286-91. [PubMed abstract(英語サイト)]
  55. Rimm EB, Willett WC, Hu FB, Sampson L, Colditz GA, Manson JE, et al. Folate and vitamin B6 from diet and supplements in relation to risk of coronary heart disease among women. J Am Med Assoc 1998;279:359-64. [PubMed abstract(英語サイト)]
  56. Refsum H, Ueland PM, Nygard O, Vollset SE. Homocysteine and cardiovascular disease. Annu Rev Med 1998;49:31-62. [PubMed abstract(英語サイト)]
  57. Boers GH. Hyperhomocysteinemia: A newly recognized risk factor for vascular disease. Neth J Med 1994;45:34-41.
  58. Selhub J, Jacques PF, Wilson PF, Rush D, Rosenberg IH. Vitamin status and intake as primary determinants of homocysteinemia in an elderly population. J Am Med Assoc 1993;270:2693-8. [PubMed abstract(英語サイト)]
  59. Flynn MA, Herbert V, Nolph GB, Krause G. Atherogenesis and the homocysteine-folate-cobalamin triad: do we need standardized analyses? J Am Coll Nutr 1997;16:258-67. [PubMed abstract(英語サイト)]
  60. Fortin LJ, Genest J Jr. Measurement of homocyst(e)ine in the prediction of arteriosclerosis. Clin Biochem 1995;28:155-62. [PubMed abstract(英語サイト)]
  61. Siri PW, Verhoef P, Kok FJ. Vitamins B6, B12, and folate: association with plasma total homocysteine and risk of coronary atherosclerosis. J Am Coll Nutr 1998;17:435-41. [PubMed abstract(英語サイト)]
  62. Ubbink JB, van der Merwe A, Delport R, Allen R H, Stabler S P, Riezler R, et al. The effect of a subnormal vitamin B6 status on homocysteine metabolism. J Clin Invest 1996;98:177-84. [PubMed abstract(英語サイト)]
  63. Bronstrup A, Hages M, Prinz-Langenohl R, Pietrzik K. Effects of folic acid and combinations of folic acid and vitamin B12 on plasma homocysteine concentrations in healthy, young women. Am J Clin Nutr 1998;68:1104-10. [PubMed abstract(英語サイト)]
  64. Clarke R. Lowering blood homocysteine with folic acid based supplements. Br Med J 1998:316:894-8. [PubMed abstract(英語サイト)]
  65. Lee BJ, Huang MC, Chung LJ, Cheng CH, Lin KL, Su KH, et al. Folic acid and vitamin B12 are more effective than vitamin B6 in lowering fasting plasma homocysteine concentration in patients with coronary artery disease. Eur J Clin Nutr 2004;58:481-7. [PubMed abstract(英語サイト)]
  66. Bønaa KH, Njølstad I, Ueland PM, Schirmer H, Tverdal A, Steigen T, et al. Homocysteine lowering and cardiovascular events after acute myocardial infarction. N Engl J Med 2006;354:1578-88. [PubMed abstract(英語サイト)]
  67. Lonn E, Yusuf S, Arnold MJ, Sheridan P, Pogue J, Micks M, et al.Homocysteine lowering with folic acid and B vitamins in vascular disease.N Engl J Med.2006;354:1567-77.[PubMed abstract(英語サイト)]
  68. Clarke R, Lewington S, Sherliker P, Armitage J. Effects of B-vitamins on plasma homocysteine concentrations and on risk of cardiovascular disease and dementia. Curr Opin Clin Nutr Metab Care 2007;10:32-9. [PubMed abstract(英語サイト)]
  69. Albert CM, Cook NR, Gaziano JM, Zaharris E, MacFadyen J, Danielson E, et al. Effect of folic acid and B vitamins on risk of cardiovascular events and total mortality among women at high risk for cardiovascular disease: a randomized trial. JAMA.2008;299:2027-36. [PubMed abstract(英語サイト)]
  70. Ebbing M, Bleie Ø, Ueland PM, Nordrehaug JE, Nilsen DW, Vollset SE, et al. Mortality and cardiovascular events in patients treated with homocysteine-lowering B vitamins after coronary angiography: a randomized controlled trial. JAMA 2008;300:795-804. [PubMed abstract(英語サイト)]
  71. Toole JF, Malinow MR, Chambless LE, Spence JD, Pettigrew LC, Howard VJ, et al. Lowering homocysteine in patients with ischemic stroke to prevent recurrent stroke, myocardial infarction, and death: the Vitamin Intervention for Stroke Prevention (VISP) randomized controlled trial. JAMA 2004;291:565-75. [PubMed abstract(英語サイト)]
  72. McKay DL, Perrone G, Rasmussen H, Dallal G, Blumberg JB. Multivitamin/mineral supplementation improves plasma B-vitamin status and homocysteine concentration in healthy older adults consuming a folate-fortified diet. J Nutr 2000;130:3090-6. [PubMed abstract(英語サイト)]
  73. Carmel R. Megaloblastic anemias. Curr Opin Hematol 1994;1:107-12. [PubMed abstract(英語サイト)]
  74. Hutto BR. Folate and cobalamin in psychiatric illness. Compr Psychiatry 1997;38:305-14. [PubMed abstract(英語サイト)]
  75. Seshadri S, Beiser A, Selhub J, Jacques PF, Rosenberg IH, D’Agostino RB, et al. Plasma homocysteine as a risk factor for dementia and Alzheimer’s disease. N Engl J Med 2002;346:476-83. [PubMed abstract(英語サイト)]
  76. Clarke R, Birks J, Nexo E, Ueland PM, Schneede J, Scott J, et al. Low vitamin B-12 status and risk of cognitive decline in older adults. Am J Clin Nutr 2007;86:1384-91. [PubMed abstract(英語サイト)]
  77. Eussen SJ, de Groot LC, Joosten LW, Bloo RJ, Clarke R, Ueland PM, et al. Effect of oral vitamin B-12 with or without folic acid on cognitive function in older people with mild vitamin B-12 deficiency: a randomized, placebo-controlled trial. Am J Clin Nutr 2006;84:361-70. [PubMed abstract(英語サイト)]
  78. Hvas AM, Juul S, Lauritzen L, Nexø E, Ellegaard J. No effect of vitamin B-12 treatment on cognitive function and depression: a randomized placebo controlled study. J Affect Disord 2004;81:269-73. [PubMed abstract(英語サイト)]
  79. Vital Trial Collaborative Group. Effect of vitamins and aspirin on markers of platelet activation, oxidative stress and homocysteine in people at high risk of dementia. J Intern Med 2003; 254:67-75. [PubMed abstract(英語サイト)]
  80. Kang JH, Cook N, Manson J, Buring JE, Albert CM, Grodstein F. A trial of B vitamins and cognitive function among women at high risk of cardiovascular disease. Am J Clin Nutr 2008;88:1602-10. [PubMed abstract(英語サイト)]
  81. Aisen PS, Schneider LS, Sano M, Diaz-Arrastia R, van Dyck CH, Weiner MF, et al.; Alzheimer Disease Cooperative Study. High-dose B vitamin supplementation and cognitive decline in Alzheimer disease: a randomized controlled trial. JAMA 2008 ;300:1774-83. [PubMed abstract(英語サイト)]
  82. Balk EM, Raman G, Tatsioni A, Chung M, Lau J, Rosenberg IH. Vitamin B6, B12, and folic acid supplementation and cognitive function: a systematic review of randomized trials. Arch Intern Med 2007 Jan ;167:21-30. [PubMed abstract(英語サイト)]
  83. Malouf R, Areosa Sastre A. Vitamin B12 for cognition. Cochrane Database Syst Rev 2003;(3):CD004326. [PubMed abstract(英語サイト)]
  84. Malouf R, Grimley Evans J. Folic acid with or without vitamin B12 for the prevention and treatment of health elderly and demented people. Cochrane Database Syst Rev. 2008 Oct 8;(4):CD004514. [PubMed abstract(英語サイト)]
  85. Lukaski HC. Vitamin and mineral status: effects on physical performance. Nutrition 2004;20:632-44. [PubMed abstract(英語サイト)]
  86. Natural Medicines Comprehensive Database(英語サイト). Vitamin B12
  87. Bradford GS and Taylor CT. Omeprazole and vitamin B12 deficiency. Ann Pharmacother 1999;33:641-3. [PubMed abstract(英語サイト)]
  88. Kasper H. Vitamin absorption in the elderly. Int J Vitam Nutr Res 1999;69:169-72. [PubMed abstract(英語サイト)]
  89. Howden CW. Vitamin B12 levels during prolonged treatment with proton pump inhibitors. J Clin Gastroenterol 2000;30:29-33. [PubMed abstract(英語サイト)]
  90. Valuck RJ, Ruscin JM. A case-control study on adverse effects: H2 blocker or proton pump inhibitor use and risk of vitamin B12 deficiency in older adults. J Clin Epidemiol 2004;57:422-8. [PubMed abstract(英語サイト)]
  91. Ruscin JM, Page RL 2nd, Valuck RJ. Vitamin B(12) deficiency associated with histamine(2)-receptor antagonists and a proton-pump inhibitor. Ann Pharmacother 2002;36:812-6. [PubMed abstract(英語サイト)]
  92. Den Elzen WP, Groeneveld Y, De Ruijter W, Souverijn JH, Le Cessie S, Assendelft WJ, et al. Long-term use of proton pump inhibitors (PPIs) and vitamin B12 status in elderly individuals. Aliment Pharmacol Ther 2008;27:491-7. [PubMed abstract(英語サイト)]
  93. Termanini B, Gibril F, Sutliff VE, Yu F, Venzon DJ, Jensen RT. Effect of long-term gastric acid suppressive therapy on serum vitamin B12 levels in patients with Zollinger-Ellison syndrome. Am J Med 1998;104:422-30. [PubMed abstract(英語サイト)]
  94. Force RW, Nahata MC. Effect of histamine H2-receptor antagonists on vitamin B12 absorption. Ann Pharmacother 1992;26:1283-6. [PubMed abstract(英語サイト)]
  95. Liu KW, Dai LK, Jean W. Metformin-related vitamin B12 deficiency. Age Ageing 2006;35:200-1. [PubMed abstract(英語サイト)]
  96. Buvat DR. Use of metformin is a cause of vitamin B12 deficiency. Am Fam Physician 2004;69:264. [PubMed abstract(英語サイト)]
  97. Bauman WA, Shaw S, Jayatilleke K, Spungen AM, Herbert V. Increased intake of calcium reverses the B12 malabsorption induced by metformin. Diabetes Care 2000;23:1227-31. [PubMed abstract(英語サイト)]
  98. de Jager J, Kooy A, Lehert P, Wulffelé MG, van der Kolk J, Bets D, Verburg J, Donker AJ, Stehouwer CD. Long term treatment with metformin in patients with type 2 diabetes and risk of vitamin B-12 deficiency: randomised placebo controlled trial. BMJ. 2010 May 20;340:c2181. [PubMed abstract(英語サイト)]
  99. Oh R, Brown DL. Use of metformin is a cause of vitamin B12 deficiency. Author Reply Am Fam Physician 2004;69:264, 266. [PubMed abstract(英語サイト)]

【免責事項】

ダイエタリーサプリメント室が作成したこのファクトシートは、情報を提供するものであり、医師のアドバイスの代わりになるものではありません。サプリメントに関する興味・関心、疑問、利用法、何があなたの健康全般のために最善かについて尋ねたい場合は、医療スタッフ(医師、管理栄養士、薬剤師など)に相談することをお勧めします。この文書内で言及している個別の商品名は、その製品を推奨しているものではありません。

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ