• 一般の方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 統合医療エビデンス
  • 「統合医療」とは?
  • コミュニケーション
  • 冊子・資料
  • 海外の情報
ホーム  >  コミュニケーション  >  高血中コレステロールについて知っておくべき5つのこと

コミュニケーション

高血中コレステロールについて知っておくべき5つのこと
High Blood Cholesterol? 5 Things You Should Know

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版最終改訂年月(翻訳時):2013年2月28日

米国では成人の約13%で総コレステロール値が高くなっています。コレステロール値を低下させると、動脈壁へのプラークの蓄積を遅らせたり、減少させたり、阻止することさえでき、また心臓発作が起こる確率を下げることもできるかもしれません。高コレステロールの主な治療法は、食事の改善、減量、運動、そして必要なら薬が処方されます。

米国の全国調査のデータによると、高血中コレステロールは、人々がサプリメントなどの補完療法を用いる病態トップ10の1つです。

高血中コレステロールと診断された場合に知っておくべきことを以下に紹介しています。

  1. かかりつけの医療スタッフと一緒に取り組みましょう。 血中コレステロール値を下げるための確立された手順についてかかりつけの医療スタッフに相談しましょう。また、サプリメントなど、検討中の補完療法があれば必ず相談しましょう。それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。
  2. 食生活の改善。 飽和脂肪酸は、あなたの日々の食事の中で最もLDLコレステロール(通常「悪玉コレステロール」とも呼ばれ、コレステロールの蓄積や動脈の血流障害の主な原因)値を上昇させるものです。飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を過剰に含んだ食事は、高血中コレステロールの主な原因です。
  3. 体重管理。 過剰な体重を減らすことは、LDLやトリグリセリド(血中や食物に含まれる脂肪の一種)を減少させる一方、HDL(通常「善玉コレステロール」とも呼ばれ、コレステロールが動脈内で蓄積するのを防ぐ)を増加させる可能性があります。
  4. 運動。 定期的な運動(毎日30分間の早歩きなど)はHDLを増加させトリグリセリドを減少させる可能性があります。また、減量につながるため、LDLの減少にも役立つ可能性があります。目標は、1週間で少なくとも合計150分間の運動です。
  5. コレステロール値の改善を目的として市販されているサプリメントの科学的根拠を検証する。 紅麹、亜麻仁やニンニクといったサプリメントは、コレステロール値の減少について試験が行われているサプリメントです。残念なことに、これらのサプリメントがコレステロール値の減少に有効という確定的な根拠はありません。
    • 紅麹。紅麹製品の中には、酵母によって作られるモナコリンという物質が含まれているものがあります。モナコリンKはコレステロールを減少させる薬のロバスタチンの有効成分と化学的に同じで、ロバスタチンと同じタイプの副作用や薬剤相互作用を引き起こす可能性があります。その他の紅麹の製品には、モナコリンKはほとんどまたは全く含まれていませんが、これらの製品にコレステロール値への効果があるかどうかはわかっていません。残念なことに、紅麹の大半の製品にどの程度モナコリンKが含まれているかを知る方法はありません。また、米国食品医薬品局(FDA)は、モナコリンKを少しでも含む紅麹製品をサプリメントとして法律上売ることはできないと定めています。
    • 亜麻仁。コレステロール値を減少させるための亜麻仁製剤に関する試験結果はさまざまです。コレステロール値減少を検討する 亜麻仁に関する科学的研究の2009年のレビューによると、コレステロール値の改善は中等度で、閉経後の女性やコレステロール濃度の初期値が高い人でより多くみられました。
    • ニンニク。ニンニクのサプリメントを摂取すると血中コレステロール値がわずかに減少する可能性があるというエビデンスがいくつかありますが、3種のニンニク製品(生ニンニク、ニンニクの乾燥粉末錠剤、熟成ニンニクの抽出物錠剤)の安全性と有効性を検証した国立補完統合衛生センター[米国]の資金提供による試験では、効果は認められませんでした。ニンニクサプリメントは大半の成人で安全と思われますが、アスピリンと同様の作用機序で血液を希釈する可能性があるため、手術や歯の治療を受ける予定がある場合は注意が必要です。ニンニクサプリメントはまた、HIV感染の治療に用いられる薬剤のサキナビルの効果を阻害することがわかっています。

監訳:伊藤壽記(大阪大学)、大野智(帝京大学) 翻訳公開日:2014年3月28日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください
ページトップ