• 一般の方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 統合医療エビデンス
ホーム  >  ご利用にあたって

ご利用にあたって

この情報サイトは、近代西洋医学と組み合わせられる各種療法について、その効果の有無にかかわらず、現時点で得られている安全性や有効性に関する情報を掲載しています。科学的根拠に基づいて作成された海外の公的機関の情報や学術論文などをもとに、文献調査委員会*にて評価し掲載しています。

科学的根拠に基づいた情報であっても、個々の患者さんや一般の方にそのまま適用できるわけではありません。実際に利用するかしないかは、それぞれの患者さんの状態や病状などを評価したうえで検討する必要があります。

また、このサイトで紹介している情報やその根拠となっている論文は、海外でおこなわれた臨床試験の結果に基づいているものが多く含まれています。近年、薬剤の種類によっては、人種間で、効果や副作用に違いがあることが指摘されてきています。そのため、本サイトの情報が、日本の医療現場で、そのまま利用できない可能性があることにご留意ください。
参考までに、厚生労働省が通知として公表している「外国臨床データを受け入れる際に考慮すべき民族的要因についての指針」の補遺A「内因性及び外因性民族的要因の分類」を紹介します。

■ 内因性及び外因性民族的要因の分類

内因性民族的要因 外因性民族的要因
遺伝的要因 生理的及び病理的要因 環境要因
気候
年齢(小児-高齢者) 日光
環境汚染
文化
社会経済的要因
肝臓 教育水準
腎臓 言語
心血管機能
AD ME 医療習慣
疾病の定義と診断
レセプターの 感受性 治療法
医薬品服薬遵守の程度
人種
薬物代謝の遺伝多型
食事 習慣
遺伝病 スト レス
疾患 規制方法/GCP
臨床試験の実施方法/エンドポイント

医療、医学に関する知識や情報は、日々新しい研究や臨床経験によって蓄積され、変化していきます。そのため、本サイトの情報は、あらゆる点で将来にわたる正確性や完全性を保証するものではありません。
また、現時点で取り扱うことが可能な情報についてのみ本サイトに掲載しています。今後、随時情報の追加や修正をおこなっていく予定です。

この情報サイトの利用により、一般の方の統合医療についての知識と理解がより深まり、患者さんやご家族と医療従事者のコミュニケーションがよりよいものとなることを期待しています。

文献調査委員会(50音順)

伊藤 壽記 千里金蘭大学看護学部 教授
大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 特任教授
梅垣 敬三 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所情報センター長
遠藤英俊 独立行政法人国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長
大野 智 ※ 大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 寄附講座准教授
帝京大学臨床研究センター 客員准教授
鈴木 隆雄 桜美林大学 老年学総合研究所 所長
独立行政法人国立長寿医療研究センター 総長特任補佐
津谷 喜一郎 東京有明医療大学保健医療学部 特任教授
東京大学大学院薬学系研究科 客員教授
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学 教授
渡辺 浩 独立行政法人国立長寿医療研究センター 医療情報室長

※:代表

利益相反関連事項

当該事業における文献調査委員会の委員において、日本医学会利益相反委員会が定めた「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」[2014(平成26)年2月改訂]に準じて、公開すべき開示事項は以下の通りです。

伊藤 壽記 株式会社アミノアップ化学による寄附講座に所属(2011年4月1日~2016年2月24日)
産学官連携活動研究資金(奨学寄附金):西日本旅客鉄道株式会社
大野 智 興和創薬株式会社、MSD株式会社、塩野義製薬株式会社、持田製薬株式会社、あすか製薬株式会社、バイエル薬品株式会社による寄附講座に所属(2013年4月1日~2015年9月30日)
株式会社アミノアップ化学による寄附講座に所属(2015年10月1日~2016年11月17日)
津谷 喜一郎 東和薬品株式会社による寄附講座に所属(2011年4月1日~2015年3月31日)
共同研究:一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会
受託研究:ギリアド・サイエンシズ株式会社

(2016年11月17日時点)

更新日:2016年11月17日

公開日:2015年3月28日

ページトップ