• 一般の方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 統合医療エビデンス
  • 「統合医療」とは?
  • 情報の見極め方
  • 冊子・資料
  • 海外の情報
ホーム  >  海外の情報  >  瞑想

海外の情報

瞑想
Meditation

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版最終改訂年月(翻訳時):2016年4月

肝心なことは?

■ 瞑想について

高血圧、特定の精神的疾患、疼痛などのさまざまな疾患に瞑想がどのように有効であるかを調査するために、多くの研究がなされています。また多くの研究により瞑想がどのように作用し、脳にどんな影響をおよぼすのかが明らかになっています。

■ 瞑想の効果について

瞑想することにより血圧の降下、過敏性腸症候群の症状の緩和、不安感、抑うつ感、不眠の改善、急性呼吸器疾患(インフルエンザなど)の発症・期間・重度の改善がある場合があることが、研究により示唆されています。疼痛に対する効果や禁煙治療としての効果に関するエビデンスは、不明確です。

■ 瞑想の安全性について

瞑想は一般的に健康な人にとっては安全であると考えられています。しかし身体的制約のある人には、動きを伴う瞑想は不可能である場合があります。

瞑想とは?

瞑想とは心と体の鍛錬で、その歴史は古く冷静さおよび身体のリラックス感の増大、精神的なバランスの改善、病気の治療、総体的健康の増強のために利用されてきました。心と体の鍛錬は、脳、精神、身体、所作の相互作用に焦点をあてています。

瞑想には多くの種類がありますが、その多くには共通した4つの要素があります。できる限り雑念を払って静かにすること、特定の心地よい姿勢(座位、臥位、歩行またはその他の姿勢)、一点に集中すること(特別に選んだ言葉や語句、物体、呼吸の感覚)、開いた姿勢(判断することなく雑念を自然に去来させること)。

瞑想の効果の科学的根拠

多くの研究で瞑想の疾患への効果を調査しており、高血圧、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎患者の炎症を緩和する可能性があるというエビデンスがあります。不安感や抑うつ感の症状を和らげ、不眠症患者にも効果がある場合があります。

瞑想についてもっと詳しくお知りになりたい方は、以下を参考にしてください。

瞑想と脳

瞑想が脳や身体を物理的に変化させ、多くの健康上の問題を改善し健康的言動を促進する場合があると示唆する研究もあります。

瞑想の安全性と副作用の科学的根拠

  • 瞑想は一般的に健康な人にとっては安全であると考えられています。
  • 身体的に制約のある人は、ある種の動きの伴う瞑想を行えない場合があります。身体的健康に問題のある人は瞑想を始める前にかかりつけの医療スタッフと話し合い、瞑想インストラクターが病状を把握できるようにしておきましょう。
  • 不安感や抑うつ感などのある種の心理的問題を抱えている人が瞑想により症状が出たり、悪化したりする場合があるという報告はほとんどありません。精神的な健康に問題のある人は瞑想を始める前にかかりつけの医療スタッフと話し合い、瞑想インストラクターが病状を把握できるようにしておきましょう。

NCCIHによる研究助成

NCCIHの支援している瞑想の研究には次のようなものがあります。

  • 線維筋痛症などの慢性的な広範な疼痛を経験している10代
  • 多発性硬化症患者のストレス軽減
  • 外傷後ストレス障害、頭痛、血圧低下

さらに考慮しなければならないこと

  • 通常医療の治療の代わりに瞑想を利用する、または病的疾患について医療機関を受診することを先送りにするために、瞑想を利用しないでください。
  • あなたが検討している瞑想インストラクターの訓練歴や経験について調べましょう。
  • かかりつけの医療スタッフにあなたが行っている療法をすべて話しましょう。健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。そうすることでより良い組織的で安全なケアが受けられます。

さらなる情報

■ NCCIH 情報センター

NCCIH情報センターは、NCCIHに関する情報、および科学論文・医学論文の連邦データベースの公開や検索などの補完・統合療法に関する情報を提供しています。情報センターでは医学的なアドバイス、治療の推奨や施術者の紹介は行いません。

米国内の無料通話:1-888-644-6226
テレタイプライター(TTY、聴覚障害者や難聴の方用):1-866-464-3615
ウェブサイト: nccih.nih.gov
E-mail: info@nccih.nih.gov

■ PubMed®

国立医学図書館(NLM)[米国]のサービスであるPubMed®には、公表文献の情報および(ほとんどの場合)科学・医学雑誌の論文からの短い要約が掲載されています。PubMedの利用に関するNCCIHのガイダンスについては、How To Find Information About Complementary Health Approaches on PubMed を参照してください。

ウェブサイト:www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

■ NIH Clinical Research Trials and You(NIHクリニカル・リサーチ・トライアル・アンド・ユー)

国立衛生研究所(NIH)[米国]が開設したウェブサイトです。一般の人々に、臨床試験の重要性や、どうすれば臨床試験に参加できるのかを知ってもらうために開設されました。サイトには、臨床試験に関する質問と回答、臨床試験の情報を探す方法(ClinicalTrials.govなどの情報検索サイトやその他の情報源)、臨床試験に参加した人の体験談などが掲載されています。臨床試験は、病気を予防、診断、治療するうえで、よりよい方法を見つけ出すために必要な試験です。

ウェブサイト: www.nih.gov/health/clinicaltrials/

■ Research Portfolio Online Reporting Tools Expenditures & Results (RePORTER)

RePORTERは、研究機関において、政府が助成し現在実施されている科学・医学研究プロジェクトに関する情報のデータベースです。

ウェブサイト: projectreporter.nih.gov/reporter.cfm

参考文献

Sources are drawn from recent reviews on the general topic of meditation in the peer-reviewed medical and scientific literature in English in the PubMed database, selected evidence-based databases, and Federal sources.

謝辞

NCCIHは、このサイト情報2014年版からの更新における技術的な専門知識とレビューに対して次の人に感謝します。
Richard J. Davidson, Ph.D., Vilas Professor, Psychology and Psychiatry, University of Wisconsin-Madison; Jeffrey M. Greeson, Ph.D., M.S., Assistant Professor, Psychiatry and Behavioral Sciences, Duke University Medical Center; Helané Wahbe, N.D., Assistant Professor, Neurology, Oregon Health & Science University; and John Glowa, Ph.D., and John (Jack) Killen, Jr., M.D., NCCIH. また、今回の更新におけるレビューに対して、David Shurtleff, Ph.D., NCCIHにも感謝します。

このサイトの情報は著作権で保護されておらず公開されています。複製も奨励されています。

NCCIHは、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。

監訳:大野智、安枝明日香(大阪大学) 翻訳公開日:2017年3月29日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。
ページトップ