• 一般の方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 統合医療エビデンス
  • 「統合医療」とは?
  • 情報の見極め方
  • 冊子・資料
  • 海外の情報
ホーム  >  海外の情報  >  カイロプラクティック

海外の情報

カイロプラクティック
Chiropractic

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版最終改訂年月(翻訳時):2012年2月

カイロプラクティックは身体の構造(特に脊椎)と機能に注目した専門医療です。カイロプラクティックの施術法は、施術者によって様々ですが、主に脊椎やその他の身体部位を調整(矯正)することにより、ゆがみの矯正、痛みの軽減、機能改善、身体の自然治癒力を高めることを目的としています。

キーポイント

  • カイロプラクティックに関する研究の多くは脊椎矯正に重点を置いています。脊椎矯正は、腰痛を有する人の一部で効果が認められており、頭痛や頚部痛、四肢関節の症状、むち打ちによる障害を有する人にも有効な場合があるようです。
  • 脊椎矯正の副作用には、一過性の頭痛、疲労感、または施術部位の不快感などがあります。脳卒中などの重大な合併症が数例報告されていますが、これらの合併症と脊椎矯正との明確な因果関係は不明です。今後の研究でカイロプラクティックの安全性を検証することが重要です。
  • あなたが行っている補完療法をすべてのかかりつけの医療スタッフに伝えてください。健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。

概要と歴史

「カイロプラクティック」という言葉は、ギリシャ語の「cheir(手)」と「praxis(施術)」からなり、手を使った治療法という意味です。徒手療法、なかでも脊椎の調整がカイロプラクティック療法の中心となります。カイロプラクティックは、身体の構造(主に脊椎)と機能(神経系により制御される)の関係が健康に影響を与えるという概念に基づいています。

カイロプラクティック療法では脊椎の調整(矯正)が治療の中心となりますが、脊椎の調整(矯正)がカイロプラクティックの全てという訳ではありません。カイロプラクターが脊椎矯正以外の療法を併用する場合も多く、また、カイロプラクター以外の医療提供者(例:理学療法士や整骨医)が脊椎矯正を行う場合もあります。

米国での使用状況

米国では通常、カイロプラクティックは補完療法とみなされています。2007年に実施されたNational Health Interview Survey(国民健康調査、[NHIS])では、米国人の補完療法の利用に関する包括的調査が行われましたが、成人の約8%(1800万人以上)および小児の約3%(200万人以上)が過去12カ月間にカイロプラクティックまたは整骨による矯正を受けていました。さらに、NHISの費用に関するデータ分析では、米国成人が補完医療を受けるために約119億ドルを、うち39億ドルはカイロプラクティック療法や整骨療法のために自己負担していることが明らかになりました。

カイロプラクティック療法を希望する人の多くは腰痛を抱えています。また、その他の筋骨格系(首や肩など)の痛み、頭痛、四肢(手や足など)の症状を有する人がカイロプラクティック療法を望む場合も多くみられます。

2002年のNHISのデータを基に背部痛に対する補完療法の利用について分析した結果、カイロプラクティック療法の利用割合が圧倒的に多いことが明らかになりました。背部痛の治療に補完医療を利用した調査回答者のうち74%(米国人約400万人)がカイロプラクティックを利用していました。背部痛にカイロプラクティックを利用した人のうち66%が、施術によって「大きな効果」が得られたと回答しています。

治療

通常初診時には、カイロプラクターは脊椎に重点を置いた問診と身体検査を行います。この他、X線撮影などの検査を実施する場合もあります。カイロプラクティック療法が適切であると判断された場合、治療計画を作成します。

2回目以降の受診時には、カイロプラクティック療法で用いられる様々な調整法や徒手療法の中から数種類の施術を行います。施術対象は主に脊椎で、カイロプラクティックにおける調整では手または器具を用いて関節に一定の力を迅速に負荷します。カイロプラクティック療法の目的は、施術部位における可動域の拡大や質の向上、ならびに健康の回復を助けることです。この他に、関節モビライゼーションという徒手療法が用いられることがあります。

カイロプラクターは、脊椎の調整をはじめとする徒手療法に、次のような複数の治療法を併用する場合があります。

  • 温熱と冷却
  • 電気刺激
  • リラクゼーション療法
  • リハビリテーション運動および全身運動
  • 食事、減量およびその他の生活習慣に関する指導
  • サプリメント

科学的根拠

背部、頚部および肩の痛みをはじめ、喘息、手根管症候群、繊維筋痛、頭痛などの様々な病態に対する脊椎矯正に関する研究が行われています。腰痛に主眼を置いた研究が多く、一部の人には脊椎矯正が腰痛に有効であるということが示されています。詳細情報は、Spinal Manipulation for Low-Back Pain(腰痛に対する脊椎矯正)ファクトシートを参照してください。

2010年に実施された種々の病態に対する徒手療法の科学的根拠に関するレビューによると、脊椎矯正(またはモビラ イゼーション)は、背部痛以外にも、偏頭痛や頚性(頚部に関連した)頭痛、頚部痛、四肢関節の症状やむち打ちによる障害などの数種類の病態に対しても効果が認められるようです。また、このレビューでは、脊椎矯正(またはモビライゼーション)が有効ではないと考えられる病態(喘息、高血圧および月経痛など)や科学的根拠が十分ではない病態(繊維筋痛、背部痛、月経前症候群、坐骨神経痛および顎関節症など)も明らかになりました。

安全性

  • 脊椎矯正の副作用には一過性の頭痛、疲労感、施術部位の不快感などがあります。
  • 脳卒中、馬尾症候群(下部脊椎管において神経が圧迫された状態)、椎間板ヘルニアの増悪などの重大な合併症が数例報告されていますが、これらの合併症と脊椎矯正との明確な因果関係は判明していません。
  • 今後の研究でカイロプラクティックの安全性を検証することが重要です。
    • 2007年に英国で実施されたカイロプラクティック療法を受けた患者19,722人の治療転帰に関する研究では、頚椎矯正後の軽度の副作用(一過性の痛みなど)が比較的多く認められましたが、施術直後から7日目までに重篤な有害事象が発現する危険性は「低い、または非常に低い」という結果が得られました。
    • 2009年に実施されたカナダのオンタリオ州の住民に関する9年間の入院記録の研究では、椎骨脳底動脈(VBA)梗塞(脳後部に血液を供給する動脈が関与)818例を対象に分析を行いました。この研究では、かかりつけ医を受診した際にVBA梗塞が発見される場合が多いことが明らかになりましたが、カイロプラクターを受診した場合にかかりつけ医を受診した場合よりVBA梗塞の危険性が高まるという科学的根拠は得られませんでした。研究者らは、かかりつけ医の受診とVBA梗塞に関連性が認められた理由について、VBA解離(動脈損傷)を生じた人は頭痛や頚部痛のために梗塞が起こる前に受診する可能性があるためではないかと考察しています。

施術者:教育と資格取得

カイロプラクティック教育評議会(CCE)の正式な認可を受けたカイロプラクティック専門学校では、Doctor of Chiropractic (D.C.)課程を履修することができます(CCEは米国教育省の承認を受けた、米国内におけるカイロプラクティック専門学校の認可機関です)。カイロプラクティック専門学校に入学するためには、大学で科学を主体に90単位以上取得している必要があります。

カイロプラクティックの履修コースは4年制で、講義と(実際に患者さんのケアを行う)実習の両方を含む教育プログラムで構成されています。多くの場合、講義では生物医学や公衆衛生学、研究方法などを履修します。カイロプラクターによっては、専門分野の研修を2〜3年継続する場合もあります。

カイロプラクティックに関しては、各州およびコロンビア特別区ごとに規定されています。いずれの州でも、CCEが認可した専門学校でのDoctor of Chiropractic課程の修了が要件として定められています。免許取得には、National Board of Chiropractic Examiners(全米カイロプラクティック試験委員会)が実施する試験(模擬患者との応対を含む)に合格する必要があります。ほとんどの州では、継続教育プログラムの単位を毎年取得することをカイロプラクターの免許更新の要件としています。カイロプラクターの診療範囲は州ごとに異なり、サプリメントの処方・販売から鍼治療やホメオパシーなどのカイロプラクティック以外の補完療法の実施まで多岐にわたります。

カイロプラクティック療法をお考えの方に

  • カイロプラクターの学歴や資格について質問してください。
  • あなたの病状を全て伝え、カイロプラクターがあなたの希望するケアに関する専門的な訓練や経験を有しているかどうかを質問してください。
  • 標準的な自己負担額および保険適用について質問してください(カイロプラクティックは多くの健康維持機構や民間医療保険、Medicare〔メディケア〕制度、州労災補償システムの保障対象となっています)。
  • あなたが服用している全ての薬剤(処方薬または市販薬)およびサプリメントについてカイロプラクターに伝えてください。カイロプラクターがサプリメントを勧める場合は、服用中の薬物やサプリメントとの相互作用について質問してください。
  • あなたが行っている補完療法をすべてのかかりつけの医療スタッフに伝えてください。健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。
    医療スタッフに補完療法について話す際のポイントについては、NCCIH’s Time to Talk campaignをご覧ください。

【補足】

NCCIH’s Time to Talk campaignの翻訳サイトは以下を参照してください

NCCIHによる研究助成

NCCIHが支援しているカイロプラクティックに関する研究では、次の項目に重点を置いたプロジェクトを行っています。

  • 背部痛、頚部痛、頭痛および顎関節症などの病態に対する脊椎矯正
  • カイロプラクティック教育機関における科学的根拠(エビデンス)に基づく実践に対する理解を深めるためのカリキュラムの策定
  • 背部痛患者集団を対象としたカイロプラクティックケアと医療ケアの比較研究において、ケアに対する患者の満足度が治療効果に与える影響

この他、NCCIHはPalmer Center for Chiropractic Research(パーマー・カイロプラクティック研究センター)におけるカイロプラクティック研究開発センターの設立に対しても助成を行っています。Palmer Centerとその共同研究機関では、カイロプラクティック療法に関する基礎研究および臨床研究、カイロプラクティック療法の作用機序、ならびにカイロプラクティック療法の有効性が最も高いと考えられる疾患や病態に関する研究を行っています。

さらなる情報

■ NCCIH 情報センター

NCCIH情報センターは、NCCIHに関する情報、および科学論文・医学論文の連邦データベースの公開や検索などの補完療法に関する情報を提供しています。情報センターでは医学的なアドバイス、治療の推奨や施術者の紹介は行いません。

米国内の無料通話:1-888-644-6226
テレタイプライター(TTY、聴覚障害者や難聴の方用):1-866-464-3615
ウェブサイト: nccih.nih.gov
E-mail:info@nccih.nih.gov

■ PubMed®

国立医学図書館(NLM)[米国]のサービスであるPubMed®には、公表文献の情報および(ほとんどの場合)科学・医学雑誌の論文からの短い要約が掲載されています。

Web site: www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

■ NIH Clinical Research Trials and You(NIHクリニカル・リサーチ・トライアル・アンド・ユー)

国立衛生研究所(NIH)[米国]が開設したウェブサイトです。一般の人々に、臨床試験の重要性や、どうすれば臨床試験に参加できるのかを知ってもらうために開設されました。サイトには、臨床試験に関する質問と回答、臨床試験の情報を探す方法(ClinicalTrials.govなどの情報検索サイトやその他の情報源)、臨床試験に参加した人の体験談などが掲載されています。臨床試験は、病気を予防、診断、治療するうえで、よりよい方法を見つけ出すために必要な試験です。

Web site: www.nih.gov/health/clinicaltrials/

■ Research Portfolio Online Reporting Tools Expenditures & Results (RePORTER)

RePORTERは、研究機関において、政府が助成し現在実施されている科学・医学研究プロジェクトに関する情報のデータベースです。

Web site: projectreporter.nih.gov/reporter.cfm

参考文献

国立補完統合衛生センター(NCCIH)[米国]は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。

監訳:伊藤壽記(大阪大学)、大野智(帝京大学) 翻訳公開日:2014年3月28日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。
ページトップ