文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
医療関係者の方へ ホーム  >  海外の情報  >  アロマセラピー

海外の情報

アロマセラピー
Aromatherapy

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2020年1月

アロマセラピーは補完療法の一つで、植物(花、薬草、木など)から抽出したエッセンシャルオイル(精油)を使用します。ほとんどの場合、エッセンシャルオイルは香りとして吸い込んだり、希釈して皮膚に塗布したりする方法で用いられています。ローマンカモミール、ゼラニウム、ラベンダーティーツリー、レモン、ショウガ、シダーウッド、ベルガモットなど多くのエッセンシャルオイルがアロマセラピーに使用されています。

アロマセラピーはしばしば不眠に用いられることがありますが、アロマセラピーに関する厳格な研究がほとんど行われていないため、有用であるかどうかはわかっていません。

アロマテラピーは、マッサージ療法と併用して、変形性関節症による膝痛、がん患者の疼痛、不安、そのほかさまざまな症状・疾患に対して用いられることがあります。

2種類の対照的な香りのレモンとラベンダーを用いて、ストレスのある人を対象に行ったある研究では、レモンが気分転換に効果的でしたが、いずれの香りもストレス指標、免疫系の変化に関するバイオマーカー、疼痛コントロールに影響を与えませんでした。

このサイトの情報は著作権で保護されておらず公開されています。複製も奨励されています。

米国国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health:NCCIH)は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけの医療スタッフなど)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。

消費者向け情報

医療関係者向け情報

関連するファクトシート

このサイトの情報は著作権で保護されておらず公開されています。複製も奨励されています。

国立補完統合衛生センター(NCCIH)[米国]は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。
このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ