文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大

海外の情報

催眠療法
Hypnosis

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2020年1月

催眠療法は、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)、状態不安(内科的治療や手術の前など)、更年期障害の症状、乳がん治療によるホットフラッシュ(ほてり)、頭痛、心的外傷後ストレス障害など、さまざまな症状・疾患を対象に研究されてきました。また、疼痛管理や禁煙についても研究されています。

  • 一部の研究では、IBS患者に対して催眠療法が消化器症状、不安、抑うつ、身体障害および健康に関連する生活の質に役立つ可能性があることを示唆しています。しかし、2018年の米国消化器病学会の勧告では、IBSに対する催眠療法などの心理療法の使用に関するエビデンスは「弱い」ものであり、科学的根拠(エビデンス)の質は「非常に低い」としています。
  • 催眠療法が一部の痛みを伴う症状・疾患の管理に有用な可能性を示唆するエビデンスが増えています。
  • 内科的治療や歯科治療に関連した不安に対する催眠療法について、一部の研究が有望な結果を示していますが、全般的にエビデンスは決定的ではありません。
  • 催眠療法を禁煙に役立てる研究では、相反する結果が出ています。
  • 催眠療法がホットフラッシュなどの更年期障害の症状の改善に有用な可能性を示唆する一部のエビデンスがあります。北米更年期学会の2015年のポジションペーパーでは、ホットフラッシュの管理に催眠療法を推奨していますが、有望なエビデンスは限られていることを認めています。

消費者向け情報

医療関係者向け情報

関連するファクトシート

このサイトの情報は著作権で保護されておらず公開されています。複製も奨励されています。

国立補完統合衛生センター(NCCIH)[米国]は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。
このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ