文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
一般の方へ ホーム  >  海外の情報  >  オンライン情報の検索と評価

海外の情報

オンライン情報の検索と評価
Finding and Evaluating Online Resources

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2018年1月

要点は?

補完療法に対するオンライン上の情報について解明されていることは?

補完・統合医療(しばしば補完および代替医療と呼ばれます)に関する情報を提供するウェブサイト、ソーシャルメディアサイトおよびモバイルアプリの数は、日ごとに増えています。

オンライン上の健康情報の正確性について、どれだけわかっているでしょうか。

  • オンライン上の補完療法に関する情報の中には役立つものもありますが、不正確なものや誤解を招くものもあります。
  • 健康に関する決断を下すのにオンライン上の情報を頼りにするのはやめてください。補完療法の利用を考えているなら、かかりつけの医療スタッフに相談しましょう。

オンライン健康情報を確認する簡単な5つの疑問

はじめて見るオンライン上の健康ウェブサイトや、新しいアプリをダウンロードする時に、次の5つの疑問を持ちましょう。

  • 誰が、そのウェブサイトやアプリをつくり、運用しているのでしょうか。その情報は信頼できますか?
  • 何が、そのウェブサイトやアプリで断言、勧められているのでしょうか。話がうま過ぎて本当とは思えませんか?
  • いつ、その情報が書かれ、あるいはレビューされたのでしょうか。最新の情報ですか?
  • どこから、その情報源が来たのでしょうか。科学的な研究に基づいていますか?
  • なぜ、そのウェブサイトやアプリがあるのでしょうか?そのサイトは、何かを販売していますか。

インターネットで健康情報を見つける始め方

  • 正確な健康情報を見つけるには、質の高い情報を集めた以下から探してみましょう。
    • MedlinePlus(英語サイト)、米国国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)の一部である米国国立医学図書館(National Library of Medicine:NLM)が後援
    • healthfinder.gov(英語サイト)、米国保健福祉省の疾病予防・健康増進局( Office of Disease Prevention and Health Promotion in the U.S. Department of Health and Human Services)が後援

補完・統合医療に関する情報を探しているなら、

ソーシャルメディアで健康情報を見つける

  • アメリカの成人の約3分の1がFacebookやTwitterなどのソーシャル・ネットワーキングサイト(Social Networking Site、SNS)を健康情報源として利用しています。SNSを利用しているなら、
  • スポンサーのウェブサイトを確認してください。
    • SNSでの健康情報は多くが非常に簡潔なものです。詳細については、スポンサー団体のウェブサイトにアクセスしましょう。Twitterでは、ヘッダーにあるウェブサイトへのリンクを探し、Facebookでは、About(基本データ)のセクションを見ます。
  • ソーシャルメディアのアカウントが、それらが主張するものであることを確認してください。
    • SNSの中には、アカウントが認証されたことを示すマークがついているものもあります。例えば、Twitterでは青いバッジを使っています。
    • 団体のSNSにアクセスをする場合は、その団体の公式ウェブサイトからのリンクを使いましょう。

モバイル健康アプリで健康情報を見つける

  • モバイルアプリ(携帯電話や他のモバイルデバイスを使ってアクセスするソフトウェアプログラム)は何千もあり、モバイルデバイスで読むことができる健康情報を提供しています。2012年には、スマートフォン所有者のほぼ20%が、少なくとも1つの健康アプリを携帯電話に搭載していました。
  • モバイル健康アプリを使用する際には、以下のことを念頭に置いてください:
    • ほとんどのアプリの内容は医療専門家が書いたものでもレビューしたものでもなく、不正確で危険な可能性があります。また、アプリ利用時に入力する情報が安全ではない場合があります。
    • 今では多くのマインドフルネス瞑想アプリが出回っていますが、そういった健康アプリの利点やリスク、影響についての研究はほとんどありません。
    • アプリがどのような個人情報にアクセスするのか、どのようにデータが保存されるのか、ということを知るのは簡単ではありません。
    • アプリをダウンロードする前に、アプリを入手したストアにアプリ作成者が記載されているかどうかを確認しましょう。作成者の連絡先やウェブサイトの情報がない場合は、アプリを信用しないでください。
  • 政府機関が作成した信頼性の高い健康アプリの一部は、以下で見つけることができます:
  • モバイル健康アプリと安全性の詳細については、以下の米国連邦取引委員会のウェブページを参照してください:

オンライン上で見る健康情報の中には、ニュース記事形式のものがあります。そうした記事の中には信頼できるものもありますが、混乱を招くもの、矛盾しているもの、誤解を招くもの、あるいは重要な情報が欠けているものもあります。補完療法に関するニュース記事を評価する方法については、対話式モジュール「科学を知ろう:健康に関するニュースの真実」をご覧ください。

オンライン上で見る健康情報の中には、ニュース記事形式のものがあります。そうした記事の中には信頼できるものもありますが、混乱を招くもの、矛盾しているもの、誤解を招くもの、あるいは重要な情報が欠けているものもあります。補完療法に関するニュース記事を評価する方法については、対話式モジュール「科学を知ろう:健康に関するニュースの真実」をご覧ください。

ウェブサイトで健康情報を見つけた時にさらに持つべき疑問

あなたが健康情報をオンラインで検索する時は、まずはよく知られた信頼性のあるウェブサイトから始めているかもしれません。しかしリンクをたどるうちに、よく知らないウェブサイトにたどりつくこともあります。そのウェブサイトは信頼できますか?問いかけてみるべきいくつかの重要な疑問

そのウェブサイトを運営し、財政的に支えているのは誰ですか?

  • 信頼できる健康関連のウェブサイトであれば、誰が責任者なのかを簡単に知ることができるはずです。例えば、NCCIHのウェブサイトでは、それぞれの主要なページではNCCIHであることを明示し、NCCIHはNIHの一部であるため、NIHのホームページへのリンクを掲載しています。ウェブサイトの運営者とその目的は「About Us(私たちについて)」のページで知ることができるでしょう。
  • 「.gov 」で終わるウェブアドレス(NCCIHのアドレスなど)は、政府が後援するサイトであることを意味し、「.edu 」は教育機関、「.org 」は通常非営利団体、「.com 」は営利団体を意味します。一部の「.org」サイトは、行動計画を推進する団体に属しており、その内容は偏っている可能性があります。
  • そのサイトを財政的に支えているのは誰ですか?そのサイトは広告を売っていますか?サプリメントや医薬品などの商品やサービスを販売している企業がスポンサーになっているのでしょうか?商品を販売しているサイトで見つけた情報を、商品を販売していない独立したサイトで確認しましょう。

その情報源は何でしょうか。

  • 多くの健康サイトや医療サイトでは、他のウェブサイトや情報源から収集した情報を掲載しており、それらを確認する必要があります。例えば、NCCIH サイトの Health Topics A-Z(英語サイト)のページでは、NCCIH が作成していない文書へのリンクを掲載していますが、その文書の情報源を記載しています。

なぜその情報が正確であるとわかるのでしょうか。

  • サイトでは、その資料が根拠としているとしている(医学雑誌の論文などの)エビデンスを記載する必要があります。また、意見やアドバイスは、「エビデンスに基づいた」(研究結果に基づく)情報とは明確に区別されていなければなりません。例えば、あるサイトで治療に期待できる健康効果について述べられている場合は、その内容を明確に裏付ける科学的研究の参考文献を探してみましょう。
  • 証言や逸話、根拠のない主張や意見は、客観的で根拠のある情報とは違うということを覚えておきましょう。

その情報は、専門家がレビューした内容でしょうか。

  • 健康の専門家がレビューしていれば、ウェブサイトの医療情報の質にもっと自信を持つことができます。一部のウェブサイトでは、コンテンツをレビューする編集委員会を設置しています。また、ページの最後などに謝辞としてレビュアーの名前と資格を記載しているサイトもあります。

その情報はどれくらい最新のものですか?

  • 古くなった医療情報は、誤解を招く恐れがあり、危険な場合もあります。信頼できる健康サイトでは、特にファクトシートやよくある質問(frequently asked questions 、FAQ)のリストなど、定期的にコンテンツの多くを見直し、更新しています。しかし、ニュースレポートや会議のサマリーのようなイベントを説明するコンテンツは、通常は更新されません。情報が古いかどうかを調べるには、ページの日付を探してください(大抵一番下の辺りにあります)。

そのウェブサイトは、ほかのサイトへのリンクについて、どのような方針でしょうか。

  • 他のサイトにはリンクを張らないサイトもあれば、リンクを求めたり財政的に支えたりするサイト、一定の条件を満たしたサイトにしかリンクを張らないサイトもあります。サイトにリンクポリシーについての情報が掲載されている場合があります。例えば、NCCIHのリンクポリシーは、NCCIH ウェブサイトの 「Information and Policies(情報とポリシー)」(英語サイト)のページに掲載されています。
  • サイトのリンクポリシーが厳密でない限り、リンク先のサイトが信頼できると決め込まないようにしましょう。初めて訪問する他のサイトと同じように、リンク先のサイトを評価するべきです。

そのウェブサイトは、個人情報をどのように収集、扱っているでしょうか。そのサイトは安全ですか?

  • ウェブサイトは、あなたが見ているページを追跡します。また、「購読する」や 「会員になる 」ことを求められることもあります。この種の情報を収集している信頼できるサイトであれば、具体的にその情報で何をするのか、何をしないのかを教えてくれるはずです。
  • 多くの商用サイトでは、40歳以上の女性ユーザーの割合など、ユーザーに関する「集計」(収集)データを他社に販売しています。場合によっては、郵便番号、性別、生年月日などの「個人を特定できる」情報を収集して再利用することがあります。
  • サイト上のプライバシーポリシーやそれに類する言葉を読んで、十分に理解できないものには申し込まないようにしましょう。NCCIHのプライバシーポリシー(英語サイト)は、NCCIHウェブサイトに掲載されています。
  • サイトのアドレス(URL)が 「http://」ではなく 「https://」で始まっているか確認します。HTTPS(Secure Hyper Text Transfer Protocol)を使用しているサイトは、暗号化されており、ハッキングされる可能性が低く、プライバシーが保護されています。

ウェブサイトの所有者と連絡をとることができるでしょうか。

  • 問題に直面したり、質問やフィードバックがあったりする場合は、いつでもサイトの所有者に連絡することができるべきです。サイトでオンラインのディスカッションフォーラムやメッセージボードを主催している場合は、利用規約を説明しなければなりません。

そのウェブサイトを通してTwitterやFacebookにリンクするのは安全でしょうか。

▣ オンライン上の健康情報については、以下の情報源から入手できます。

あなたが読んでいるのはニュース、それとも広告?

アメリカの連邦公正取引委員会(Federal Trade Commission:FTC)は、偽オンライン・ニュース・ウェブサイトについて、人々に警告しています。そうしたウェブサイトは、本物のニュースサイトのように見えますが、実際には広告です。サイトは本物のニュース機関のロゴや、類似の名称、ウェブサイトのアドレスを使っているかもしれません。自分達が売っている製品を買わせるために、その製品の有効性の「調査」について説明するのです。しかしすべて偽りです。記者もいなければ、ニュース機関でもなく、調査もしていません。本物なのは、販売ページへのリンクだけです。偽ニュースサイトは、減量のためのアサイーベリー、家で稼ぐ方法、借金減らしの計画といった怪しい製品を宣伝してきました。

もし以下のような兆候があれば、そのニュース・ウェブサイトを疑ってみるべきです。

  • 製品を勧める本物の報道機関は、通常、そうしたことはしません。
  • 製品について良い意見だけ言う人の声を掲載する。
  • 事実とは思えないほどの良い研究結果を提示する。(事実とは思えないような良いことは、普通は事実ではありません)
  • 販売サイトへのリンクを含んでいる。
  • 良いコメントだけが掲載されていて、自分のコメントを追加することはできない。

偽ニュースサイトについてのさらなる情報を見る

偽ニュースサイトから自分を守るには

ニュースサイトが偽物であると疑われる場合は、ページのどこかに、そのサイトが広告であることを示す免責事項(小さな字で書かれていることが多い)がないか探してみてください。またあなたの健康について重要な決定をする際には、インターネットのニュースに頼ることはやめましょう。ニュースに取り上げられた健康食品を考えているなら、かかりつけの医療スタッフに相談してください。

健康詐欺に関するさらなる情報を見る

さらに考慮しなければならないこと

  • サプリメントの利用を考えている場合は、まずは信頼できる情報源から情報を入手しましょう。サプリメントは、服用・摂取している薬や他のサプリメントと相互作用を起こしたり、ラベル表示にない成分を含んでいたりすることがあります。かかりつけの医療スタッフがあなたにアドバイスしてくれます。
  • 自分の健康に責任を持ちましょう。あなたが行っている補完療法についてかかりつけの医療スタッフに相談しましょう。それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。

関連トピック

関連するファクトシート

さらなる情報

■ NCCIH 情報センター

NNCCIH情報センターは、NCCIHに関する情報、および科学論文・医学論文の連邦データベースの公開や検索などの補完療法に関する情報を提供しています。情報センターでは医学的なアドバイス、治療の推奨や施術者の紹介は行いません。

Toll-free in the U.S.: 1-888-644-6226
TTY (for deaf and hard-of-hearing callers): 1-866-464-3615
Website:https://nccih.nih.gov/(英語サイト)
Email:info@nccih.nih.gov

■ PubMed®

米国国立医学図書館(National Library of Medicine:NLM)のサービスであるPubMed®には、公表文献の情報および(ほとんどの場合)科学・医学雑誌の論文からの短い要約が掲載されています。NCCIHによるPubMed使用のガイダンスは、How To Find Information About Complementary Health Approaches on PubMed(英語サイト)をご覧ください。

ウェブサイト:www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed(英語サイト)

■ 米国国立がん研究所(National Cancer Institute:NCI)

NCIは連邦政府下のがん研究における主導機関です。NCIのがん補完療法または代替療法医療部門は、補完療法に関するNCIの活動の連携と強化を図っています。

米国内の無料通話:1-800-4-CANCER (1-800-422-6237)
ウェブサイト:https://www.cancer.gov/(英語サイト)
Email:cancergovstaff@mail.nih.gov

■ ダイエタリーサプリメント室(Office of Dietary Supplements :ODS)

ダイエタリーサプリメント室(Office of Dietary Supplements :ODS)は、科学情報の評価、研究支援、研究結果の共有、および啓蒙活動を通して、国民のサプリメントに関する知識や理解が深まるよう努めています。この情報は(「サプリメント:知っておきたいこと」など)、さまざまなサプリメント製品や具体的な成分(ビタミンDやマルチビタミン/ミネラルサプリメントなど)に関するファクトシート、PubMed Dietary Supplement Subset(PubMedでダイエタリーサプリメントに関する論文を自動検索する機能)(英語サイト)などを提供しています。

米国内の無料通話:1-800-4-CANCER (1-800-422-6237)
ウェブサイト:https://ods.od.nih.gov/(英語サイト)
Email:ods@nih.gov

■ MedlinePlus

健康に関する質問に答える情報を提供するため、MedlinePlus(米国国立医学図書館のサービス)が国立衛生研究所および他の政府機関と健康関連団体からの信頼できる情報をまとめています。

ウェブサイト:https://www.medlineplus.gov/(英語サイト)

■ 米国食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)

FDAは食物、医薬品、サプリメント、医療機器、および化粧品などの数多くの製品の安全性を監督します。サプリメントについてのウェブページはこちら

米国内の無料通話:1-888-463-6332
ウェブサイト:https://www.fda.gov/(英語サイト)

■ 食品安全・応用栄養センター(Center for Food Safety and Applied Nutrition :CFSAN)

FDAの一部として、CFSANはサプリメント、食物および化粧品の安全性とラベル表示を監督しています。ダイエタリーサプリメントについての情報も提供しています。消費者用のオンライン情報には、次のものが含まれます:サプリメント利用者へのヒント情報を得た上で決定し、情報を評価する。

米国内の無料通話:1-888-723-3366
ウェブサイト:https://www.fda.gov/AboutFDA/CentersOffices/OfficeofFoods/CFSAN/(英語サイト)

■ サプリメントラベルのデータベース

サプリメント表示データベースは、米国立衛生研究所のプロジェクトであり、米国で販売されている多くのブランドのサプリメントのラベル表示に関するすべての情報を含んでいます。ユーザーはラベルに表示されている栄養価と政府が推奨する栄養価を比較することができます。

ウェブサイト:https://dsld.nlm.nih.gov/dsld/(英語サイト)

このページの情報は役に立ちましたか?

参考文献

その他の参考文献
  • Boulos MN, Brewer AC, Karimkhani C, et al. Mobile medical and health apps: state of the art, concerns, regulatory control and certification. Online Journal of Public Health Informatics. 2014;5(3):229.
  • Buying health products and services online. Federal Trade Commission Web site. Accessed at www.consumer.ftc.gov/articles/0023-buying-health-products-and-services-online(英語サイト) on November 29, 2016.
  • Comprar productos y servicios para la salud en internet. Federal Trade Commission Web site. Accessed at www.consumidor.ftc.gov/articulos/s0023-comprar-productos-y-servicios-para-la-salud-en-internet(英語サイト) on November 29, 2016.
  • Consumer Reports. Beware of Fake News Online. Consumer Reports Web site.
  • Find quality resources. HealthIT.gov Web site. Accessed at www.healthit.gov/patients-families/find-quality-resources on November 29, 2016.
  • Mani M, Kavanagh DJ, Hides L, et al. Review and evaluation of mindfulness-based iPhone apps. JMIR mHealth and uHealth. 2015;3(3):e82
  • Marcano Belisario JS, Huckvale K, Greenfield G, et al. Smartphone and tablet self management apps for asthma. Cochrane Database of Systematic Reviews. 2013;(11):CD010013. Accessed at https://www.cochranelibrary.com(英語サイト) on November 29, 2016.
  • Martínez-Pérez B, de la Torre-Díez I, López-Coronado M. Privacy and security in mobile health apps: a review and recommendations. Journal of Medical Systems. 2015;39(1):181.
  • Wallace LS, Dhingra LK. A systematic review of smartphone applications for chronic pain available for download in the United States. Journal of Opioid Management. 2014;10(1):63-68.
国立補完統合衛生センター(NCCIH)[米国]は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
一般の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ