文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
一般の方へ ホーム  >  海外の情報  >  だまされないための、6つの助言:健康詐欺にひっかからないために

海外の情報

だまされないための、6つの助言:健康詐欺にひっかからないために
6 Tip-offs to Rip-offs: Don’t Fall for Health Fraud Scams

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2013年3月4日

インチキ製品!危険!健康詐欺警告!

健康製品に対するこうした警告を目にすることはありませんが、「奇跡の治療薬」、「革命的な科学的大発見」、または「薬や手術の代替」といった宣伝を見たら、こうした詐欺の警告を頭に浮かべるべきです。

健康詐欺は何百年も前から横行してきました。昔の怪しげな販売員が、現在ではでは詐欺的なハイテクのマーケティング担当者に姿を変えただけです。こうした業者は、痩せたい願望から、がんのような深刻な病気の治癒といった困難な健康上の問題を簡単に解決したいという人々の気持ちにつけ入るのです。

米国食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)によれば、病気や健康の改善に効果があるかのように宣伝されていても、その目的に対して科学的に効果や安全性が証明されていない場合、それは詐欺的な健康製品としています。

詐欺師は新聞や雑誌、TVの宣伝番組やインターネットを使って製品を宣伝します。健康詐欺商法は、小売店舗、無数のウェブサイト、ポップアップ広告や迷惑メール、そして「Facebook(フェイスブック)」や「Twitter(ツィッター)」などのソーシャルメディア上にもあります。

危険をおかす価値はない

健康詐欺商法は、お金を無駄にする以上の被害をもたらします。健康詐欺は重篤な健康被害や、死亡につながることさえあるとFDAの全米健康詐欺コーディネーターで認定薬剤師のGary Coody氏は言います。「実証されていない治療をしていて、命を救う可能性のある診断や実際に効果のある薬に到達するのが遅れることもあります。さらに詐欺的製品には、消費者が知らずに摂取すると、害になる薬品成分が含まれていることもあります」

Coody氏は、詐欺的製品はしばしば、次にあげるような健康上の悩みに関連した宣伝をするといいます。

まん延する問題

詐欺的な製品は効果がないだけでなく、重篤な健康被害をもたらすこともあります。FDA試験室では過去3年程度で、処方薬を必要とする減量薬のMeridia(アメリカの商品販売名)の有効成分であるシブトラミンを含む製品を、違法にサプリメントとして販売している例を100以上も見つけました。複数の研究によりMeridiaが心臓発作や脳卒中のリスク(危険)増加に関連することが明らかになり、2010年にMeridiaは北アメリカ市場から回収されました。

市場での健康詐欺は、薬あるいはサプリメントとして売られている詐欺的製品に限られません。FDAは真菌性髄膜炎、アルツハイマー病、皮膚がん、脳震とう、および関連性のない多数の疾病をすべて治癒させるという、詐欺商品で高価な光線療法機器を見つけました。一般的に、FDAの許可または承認を得ずに、医療機器について健康に関する宣伝をするのは違法です。

「健康詐欺はまん延している問題です」と、Coody氏は言います。「特に詐欺師がオンラインで販売する場合です。責任を追及すべき相手を突き止めるのが難しいのです。我々が見つけ、販売している製品が違法であることを告げると、ウェブサイトを閉鎖する人たちもいます。しかし残念ながら、同じ製品が別のウェブサイトに再び現れることもあります。時には別の名称で出てくるのです」

助言

FDAは詐欺製品を見分けるために、いくつかの助言をしています。

  • 一つの製品ですべて対応できる。幅広い病気を治すとうたっている製品には疑いの目を向けましょう。あるニューヨークの会社は、サプリメントとして販売している同社の製品が、老年期性認知症、脳委縮、アテローム性動脈硬化、腎機能障害、壊疽、うつ病、変形性関節症、排尿障害、および肺がん、子宮頸がん、前立腺がんを治療または治癒させると宣伝していました。2012年10月、FDAの要請で、米国連邦保安局がこれらの製品を押収しました。
  • 個人の体験談「これで糖尿病が治りました」、あるいは「私の腫瘍が消えました」といった成功話は簡単につくることができ、科学的な証拠の代わりにはなりません。
  • すぐに治る正規の医薬品・医療機器を使ったとしても、すぐに治せるような病気や症状はほとんどありません。「30日で30ポンド(13.6㎏)減量」、あるいは「数日で皮膚がんが消える」といった文言には警戒しましょう。
  • オールナチュラル(全て天然素材)自然界に存在する植物でも、(毒性のあるキノコのように)口にすると死に至るものもあります。さらにFDAは、「オールナチュラル」として宣伝されている製品でも、密かに危険なほど高用量の処方薬成分や、未試験の人工的な活性成分を含んでいる製品を多数発見しています。
  • 「奇跡の治療薬」この宣伝文句や、「新たな発見」、「科学的なブレイクスルー」、「秘密の成分」といった類似のうたい文句を目にしたら、警戒すべきです。深刻な病気に対する本物の治療法が発見された時には、印刷広告やTVの宣伝番組、インターネットに埋もれることなく、メディアで広く報道され、医療従事者によって提供されるはずです。
  • 陰謀論「製薬業界と政府が結託して奇跡の治療薬に関する情報を隠蔽している」といった主張は、常に真実ではなく事実無根です。こうした記述は、いわゆる「奇跡の治療薬」への当然わいてくる常識的な疑問から、消費者の目をそらすために使われるのです。

こうしたヒントがあっても、簡単に健康詐欺商品を見分けられるとは限りません。効果や安全性が証明されていない製品や、信じがたい効果を宣伝している製品を買いたい衝動にかられたら、まずは医師や医療専門家に相談しましょう。

このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
一般の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ