一般の方へ ホーム  >  情報の見極め方  >  5. いくつかの原因を考えよう

情報の見極め方

5. いくつかの原因を考えよう

隠れた原因があるのかも?!

体調がよくなったり、悪くなったりすると、その原因を考えることがあるでしょう。健康を維持するために、原因を理解することは大切です。ところが、私たちは、ひとまず目についた出来事を原因だと思いこんでしまうことがあります。「ここだけ変えればよい」と一点に集中しすぎると、他の重要な原因を見落としてしまうかもしれません。

友人が「毎朝ジョギングをしたら風邪をひかなくなった」と話していたら、「ジョギングのおかげで風邪をひきにくくなったのかな?」と思うかもしれません。

でも、もしかしたら、友人は(話さなかったのかもしれませんが)、外出時にいつもマスクをしていたかもしれないし、手洗いやうがいを欠かさなかったのかもしれません。さらに、毎朝ジョギングをするために、早寝早起きをして十分な睡眠をとっていたのかもしれません。

このように、手に入った情報だけで原因を決めてしまうのではなく、いくつかの原因が隠れている可能性を考えるようにしましょう。

見極めポイント いくつかの原因を考えよう

  • 何かが原因と思う場合は、「他の原因はないかな?」と考えてみましょう

「統合医療」情報発信サイト
一般の方へ 関連コンテンツ

公開日:2014年3月28日

ページトップ
ページトップ