• 一般の方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 統合医療エビデンス
  • 健康食品
  • コクランレビュー
  • 構造化抄録
  • 旧厚労科研・AMED
ホーム  >  統合医療エビデンス  >  AMED事業

「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業
(AMED事業)

エビデンスとは、医学・医療の分野では、ある治療法がある病気に対して、安全で効果のあるものなのかどうかを確率的な情報として示す検証結果(根拠)を指します。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(Japan Agency for Medical Research and Development:AMED)では、2015(平成27)年度から、「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業に取り組んでいます。

統合医療とは「近代西洋医学を前提として、これに相補・代替療法や伝統医学などを組み合わせてさらにQOL(Quality of Life:生活の質)を向上させる医療であり、医師主導で行うものであって、場合により多職種が協働して行うもの」と位置付けられており、安全性・有効性に関する科学的根拠が求められています。本事業において安全性・有効性等に関する科学的根拠を収集するための研究等を行います。また、厚生労働省において平成25年度から行っている『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』にて作成された本サイトを通じて広く情報発信しています。

ただし、必ずしも人を対象とした臨床試験の研究成果だけではなく、細胞や動物の実験結果も含まれていますので、情報の取捨選択は慎重におこなってください。

平成28年度課題

研究開発
代表者名
所属機関名 研究開発課題名
新井 一郎 日本薬科大学 国内外における統合医療の利用提供実態および健康被害の調査と社会的決定要因分析
荒木 信夫 埼玉医科大学 薬物乱用頭痛における抑肝散の有効性の検討
伊藤 壽記 大阪大学 がん治療による有害事象に対する統合医療的介入の検討-頭頸部がん放射線療法による口腔乾燥症に対する検討-
上園 保仁 国立がん研究センター 漢方薬および生薬有効成分、ならびに食物含有有効成分の安全性・有効性を科学的、客観的に評価する手法の開発
大平 哲也 福島県立医科大学 笑い療法が生活習慣病発症・重症化予防に及ぼす影響についての前向きコホート・介入研究
岡 孝和 九州大学(現:国際医療福祉大学) 統合医療としてのヨガの有用性と安全性に関する研究
東郷 俊宏 東京有明医療大学 ISO/TC249における国際規格策定に資する科学的研究と調査および統合医療の一翼としての漢方・鍼灸の基盤研究
中島 淳 横浜市立大学 過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome: IBS)に対する漢方製剤・桂枝加芍薬湯の治療効果の検証研究:多施設二重盲検無作為対照試験
花崎 和弘 高知大学 薬物動態‐メタボローム統合解析による麻黄湯の有用性・安全性についての研究
宮本 忠吉 森ノ宮医療大学大学院 アロマセラピーに用いる精油の芳香刺激が生体に及ぼす影響の時系列システム定量解析と作用機序の解明及び至適投与法に関する研究
元雄 良治 金沢医科大学 統合医療情報発信サイトに関する客観的評価および統合医療に関するシステマティック・レビューの実施
山家 智之 東北大学 統合医療の「脈診」に、定量診断科学的な根拠を与える

平成27年度課題

研究開発
代表者名
所属機関名 研究開発課題名
荒木 信夫 埼玉医科大学 薬物乱用頭痛における抑肝散の有効性の検討
伊藤 壽記 国立大学法人大阪大学 線維筋痛症に対する統合医療的介入の評価手法に関する研究
伊藤 壽記 国立大学法人大阪大学 がん治療による有害事象に対する統合医療的介入の検討―頭頸部がん放射線療法による口腔乾燥症に対する検討―
上園 保仁 国立研究開発法人国立がん研究センター 漢方薬および生薬有効成分、ならびに食物含有有効成分の安全性・有効性を科学的、客観的に評価する手法の開発
岡 孝和 国立大学法人九州大学 統合医療としてのヨガの有用性と安全性に関する研究
貴島 晴彦 国立大学法人大阪大学 アロマセラピーに関するエビデンス収集及び新たな科学的知見の創出
近藤 和雄 学校法人東洋大学 健康の社会的決定要因の視点に立った効果的な統合医療の利用に向けた社会的基盤づくりに関する研究
鈴木 雅雄 公立大学法人福島県立医科大学 早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術における鍼治療の上部消化管蠕動運動抑制効果の検討
津谷 喜一郎 東京有明医療大学 統合医療の国内の使用状況・医療機関での提供状況・健康被害状況の各調査ならびに東アジア諸国との比較による日本の政策提言のインフラ作成
東郷 俊宏 東京有明医療大学 ISO/TC249における国際規格策定に資する科学的研究と調査および統合医療の一翼としての漢方・鍼灸の基盤研究
宮岡 剛 国立大学法人島根大学 自閉症スペクトラム障害に対する抑肝散の有用性の科学的知見の創出に関する研究
矢野 忠 明治国際医療大学 統合医療の治療効果を予測する客観的評価指標の検討
渡辺 光博 慶應義塾大学 伝統的物理療法が包含する有益な生体反応の統一的理解と新たな統合医療概念の確立
研究成果報告書の詳細については下記のリンク先を参照してください。

更新日:2017年10月5日
公開日:2017年3月21日

ページトップ
ページトップ