文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
医療関係者の方へ ホーム  >  海外の情報  >  高血圧症(高血圧)

海外の情報

高血圧症(高血圧)
Hypertension (High Blood Pressure)

高血圧症(高血圧)
最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2018年7月

High Blood Pressure (高血圧)(英語サイト)とも呼ばれる高血圧症は、米国では3人に1人が罹患しています。時間とともに、心臓、血管、腎臓やその他の器官が損傷を受けます。合併症としては、心臓発作、心不全、脳卒中、慢性腎臓病などがあります。高血圧は、健康的な食事、身体活動、健康的な体重の維持、飲酒量の制限、ストレスの管理や対応など、生活スタイルの改善で管理できます。生活スタイルの改善のみでは十分には血圧が低下しない場合、高血圧の治療に薬剤が使用されるかもしれません。

要点は?

血圧低下に役立つ生活スタイル改善プログラムの一貫として、いくつかの補完療法に効果が示されています。

  • 研究結果から、瞑想太極拳、気功ヨガなどの心身療法は、高血圧症患者の血圧に対して軽度な有益性が認められると示唆されています。リラクゼーション法が役立つかどうかは不明です。
  • 2013年、米国心臓協会(American Heart Association)は、従来の治療に加えて行われるバイオフィードバック(英語サイト)および超越瞑想(英語サイト)は血圧を低下させるのに役立つことを示唆しました。
  • 研究結果から、ココア、にんにく、魚油(オメガ3脂肪酸)、亜麻仁緑茶や紅茶、プロバイオティクス、ハーブとして用いたローゼル(学名Hibiscus sabdariffa)などの食物やサプリメントが高血圧症患者の血圧低下に役立つことが示唆されています。しかし、これらの製品が血圧を低下させることを示すエビデンスは限定的なものであり、血圧に対する製品の効果はわずかです。高血圧症の治療に使用される薬剤の効果と同等の効果を有することが示されたサプリメントはありません。

安全性

  • 高血圧の場合、医療スタッフが処方する治療計画に従うことが重要です。なぜなら、高血圧の重篤な合併症を回避または遅らせることができるからです。処方された治療薬を、証明されていない製品や療法に変えないでください。高血圧に対して補完療法・統合医療を検討している場合、医療スタッフに相談してください。
  • 摂取したり検討したりしているすべてのサプリメントについて、医療スタッフに話してください。例えばダイダイマオウ朝鮮人参甘草などのハーブを使用したサプリメントには血圧を上昇させる可能性があり、また、高血圧を治療する薬剤に有害な相互作用を有するサプリメントもあります。
  • 心身療法は、資格のある施術者が適切に実施したり、十分に訓練を積んだインストラクターが適切に教えたりすれば、健康な人にとっては全般的に安全です。しかし、疾患のある人にとっては適切ではない療法もあります。例えば、高血圧患者はヨガの一部のポーズを修正または回避する必要があるかもしれません。高血圧の場合、心身療法を検討していることをかかりつけ医や療法施術者およびインストラクターに相談してください。
  • さらに詳しく知りたい方は、「National Heart, Lung, and Blood Institute Web site(国立心肺血液研究所ウェブサイト)」(英語サイト)をご覧ください。

医療関係者向け情報

関連するファクトシート

高血圧に対する補完療法
最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2018年2月

補完療法の中には、生活様式の変化に取り入れることで血圧を下げる効果が期待できるものがあります。瞑想やリラクゼーション法などの心身療法は高血圧の人の血圧低下を助ける可能性があると示す研究結果があります。2013年に米国心臓協会が、従来の瞑想に加えてバイオフィードバックや超越瞑想(Transcendental Meditation:TM)が血圧低下効果があることを示唆しました。

最新のエビデンスの要約

リラクゼーション法(英語サイト)

リラクゼーション法により血圧低下が軽度、短期間得られることが示されているが、これらの研究の多くは質が低いものでした。

瞑想(英語サイト)

2013年、米国心臓協会は、血圧を下げる補完療法に対するレビューおよび科学的声明を発表し、高血圧に対する瞑想の効果について以下のように述べました。「総体的なエビデンスにより、超越瞑想は血圧を多少下げると支持されている。」しかし、レビューは詳細に比較した研究がほとんどないことから超越瞑想が他の瞑想より血圧低下に関して本当に優れているかどうかは不明であると示しています。

ヨガ(英語サイト)

ヨガは高血圧に対しては付加的に行うことで有益である可能性がある、という質の低いエビデンスがあります。

ニンニク(英語サイト)

ニンニク製剤は高血圧の患者の血圧を下げる可能性があるというエビデンスがありますが、多くの研究は小規模で予備的であるかまたは質の低いものです。

オメガ3脂肪酸(魚油(英語サイト))

ランダム化比較試験の結果には一貫性がありませんが、データ上は、総じて魚油のオメガ3脂肪酸には血圧を下げる効果があることを示唆しています。

*さらに詳しく知りたい方は「Complementary Health Approaches for Hypertension : What the Science Says(高血圧症に対する補完療法:科学的根拠)」(英語サイト)をご覧ください。

科学論文のレビュー

患者のための情報

心血管系疾患
最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2020年1月

心血管系疾患(心臓や血管の疾患)は、アメリカでは死因の1位になっています。最もよくみられる心血管疾患は冠動脈疾患です。冠動脈疾患では、心臓に血液を送る血管が狭くなったり詰まったりします。

  • 複数の補完療法については、高コレステロール血症や高血圧(高血圧症)などの心血管系疾患のリスク因子を抑えるのに有用であるかどうか明らかにするための研究が行われてきました。
    • ニンニク大豆のようないくつかのサプリメントは、コレステロールに対して有効な可能性がありますが、これらの効果はコレステロール降下薬の効果よりも小さなものです。
    • 瞑想太極拳、気功ヨガなどの心身療法や、ニンニク、魚油、亜麻仁緑茶や紅茶などの天然物を含むいくつかの補完療法は、血圧に対してわずかに有効な可能性があるという有望な科学的根拠(エビデンス)があります。

高コレステロール血症、あるいは高血圧の場合、医療スタッフが処方する治療計画に従ってください。従来の治療を、ほかの製品や療法に置き換えないでください。あなたが検討している補完療法について、かかりつけの医療スタッフに相談しましょう。

  • エチレンジアミン四酢酸(ethylene diamine tetra-acetic acid:EDTA)二ナトリウムを使用するキレーション療法は、冠疾患に対する補完療法として議論の的となっています。
    • 米国国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)が助成する、TACT(Trial to Assess Chelation Therapy)と呼ばれる冠疾患に対するキレーション療法に関する大規模な試験では、有効であるというエビデンスが示されましたが、その効果は、少なくとも1回の心臓発作を既に起こしたことのある糖尿病患者にのみ認められるものでした。この試験はキレーション療法の有益性を示す初の臨床試験であったため、この試験の結果だけでは、糖尿病患者に対する心臓発作後の治療としてキレーション療法を常用することを支持するには十分なではありません。
    • TACT2と呼ばれる、NIHが助成する第2の試験では、心臓発作を起こしたことのある糖尿病患者に対するキレーション療法に明らかな有益性が認められるかどうかについて、現在評価が行われています。

消費者向け情報

医療関係者向け

関連するファクトシート

ビタミンC・Eサプリメントは妊娠中の血圧障害のリスクを軽減せず
最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2010年4月

国立衛生研究所リサーチ・ネットワークの研究によると、妊娠初期にビタミンC・Eサプリメントを摂取開始しても、妊娠中の高血圧障害やその合併症のリスクは軽減しません。

注目すべき点として、同サプリメントは、死に至る可能性のある妊娠高血圧の一種である妊娠高血圧腎症のリスクも軽減しませんでした。この所見は、過去の小規模な一部の研究で、ビタ

ミンは妊娠高血圧腎症のリスクを軽減するという示唆に反するものです。これらの研究結果は、以降の大規模研究で確認されませんでした。

現在のところ最も大規模な研究であり、治療を妊娠初期に開始したアメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)の研究でも、妊娠に伴う高血圧症とその合併症の軽減は認められませんでした。

同研究に資金提供したNIH研究所の1つであるユーニス・ケネディ・シュライバー国立小児保健発達研究所(National Institute of Child Health and Human Development :NICHD)の所長Alan E. Guttmacher医師は、「本研究の結果からは、妊娠中にみられる高血圧障害を予防する方法としてビタミンC・Eサプリメントを認められない」と述べました。

同研究の主な資金は、国立心肺血液研究所と国立資源研究センターのクリニカル・トランスレーショナル・サイエンス・アワード・プログラムによって提供されました。双方ともNIHに属します。

この所見は、New England Journal of Medicineの4月8日号に掲載されます。

同研究は、NICHDの母体・胎児部門(Maternal–Fetal Medicine Units :MFMU)ネットワーク内の16施設で実施されました。論文の筆頭著者は、ピッツバーグ大学産婦人科のJames M. Roberts医師です。

研究では、妊娠の高血圧障害を発症するリスクが高い初産の女性のみを対象としました。全般的に、対象女性は健康であり、高血圧、尿蛋白(腎臓に対するストレスの指標)、妊娠糖尿病(妊娠中に認められる糖尿病の一種)は認められませんでした。妊娠9週〜16週の女性を10,000名以上組み入れ、出産まで追跡しました。ビタミンC・Eサプリメントまたはプラセボを毎日投与しました。NICHDの妊娠・周産期部門の主任であり、MFMUネットワークのプログラム科学者である論文共著者のCatherine Y. Spong医師は、「アメリカでは、特にバランスの取れた食事が取れない場合、妊娠向けに調整したマルチビタミンを摂取するよう、産婦人科医は一般的に妊娠女性に推奨しています」と述べました。「私たちの研究では、参加者は、摂取していた妊娠用ビタミンに加え、ビタミンCとEを多く含むサプリメント(通常の出産前のビタミン量の約10倍)を摂取しました。」

研究者らは過去の研究に基づいて、ビタミンCとEによって、フリーラジカル(身体の酸素使用の副産物)として知られる分子からの障害を予防することによって妊娠高血圧腎症の可能性を軽減すると仮説を立てました。この理論では、フリーラジカルが胎盤の適切な発達を防ぎ、母体から胎児への血流を阻害すると考えられています。Spong医師によると、今回の所見は、フリーラジカルの障害が妊娠高血圧腎症を引き起こすという考えを支持も反論もするものではありませんが、ビタミンCとEを用いた治療はこの状況を予防しないということを示しています。

妊娠に伴う高血圧症、けいれん発作、尿蛋白、妊娠高血圧腎症、血液または肝臓の異常、流産、低体重児、早産の合併症発症率について、2群間で統計学的な差は認められませんでした。合併症の併発率は、ビタミン投与群で6.1%、プラセボ投与群で5.7%でした。

また、2群間で妊娠高血圧腎症に統計学的差は認められませんでした:ビタミン投与群で7.2%、プラセボ投与群で6.7%。

Spong医師は、本結果が明確さについて満足のいくものであると述べています。

また、「結果はとても有用です」と述べています。「今回の場合、期待できる治療と元々考えられていたものから、実際には何の臨床的有益性も得られないことがわかりました。」

Spong医師との対談を求める方は、301-496-5133に電話をかけ、Robert Bock氏またはMarianne Glass Miller氏にお問い合わせください。

NHLBIの専門家との対談を求める方は、301 496-4236またはNHLBI_news@nhlbi.nih.gov(英語サイト)(リンク先からメールを送れます)でNHLBI Communications Officeにお問い合わせください。

国立衛生研究所の一部である、国立心肺血液研究所(National Heart, Lung, and Blood Institute :NHLBI)は、心臓、血管、肺、血液の疾患および睡眠障害の原因、予防、診断、治療に関連する研究を計画、実施、支援します。NHLBIはまた、女性、心疾患、子供の健康な体重、その他のトピックに関する全国的な健康教育キャンペーンを実施しています。NHLBIのプレスリリースやその他の公表は、www.nhlbi.nih.gov(英語サイト)からオンラインで閲覧できます。

NICHDのスポンサーは、出産前後の発達、母親・子ども・家族の健康、生殖発生学、人口問題、医学的リハビリテーションに関して研究しています。詳細は、研究所のウェブサイトhttp://www.nichd.nih.gov/(英語サイト)をご覧ください。

国立衛生研究所(National Institutes of Health :NIH)について国の医療研究機関であるNIHには、27箇所の研究機関および施設があり、米国保険社会福祉省の一部です。NIHは、基礎、臨床、トランスレーショナル医学研究を実施および支援する主要な政府機関であり、一般的および稀な疾患の原因、管理、治療を検証しています。NIHおよびそのプログラムについての詳細は、www.nih.gov(英語サイト)をご覧ください。

国立補完統合衛生センター(NCCIH)[米国]は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。
このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ