文字サイズ変更
  • 標準
  • 特大
医療関係者の方へ ホーム  >  海外の情報  >  補完・統合医療にかかる費用

海外の情報

補完・統合医療にかかる費用
Paying for Complementary and Integrative Helath Approaches

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版改訂年月(翻訳時):2016年6月

要点は?

  • 医療保険の適用範囲を超えて、米国人は補完的健康製品や施術に対し、年間約302億ドルを自己負担で支出しています。
  • 補完療法を使う前に、そうしたアプローチのリスク、利益、そして科学的根拠(エビデンス)に裏付けされたものかどうかについて、信頼できる情報源をあたってみるべきです。

米国における補完療法の利用

2012年米国国民健康調査(National Health Interview Survey:NHIS)のデータによれば、成人の33%および子供の12%近くが補完療法を使っています。もっとも広く使われているアプロ―チは、天然物(ビタミンやミネラル以外のサプリメント)です。魚油は、しばしば成人と子供に利用されている天然物です。心身リラクゼーション療法に関しては、成人も小児もカイロプラクティック、整骨術、ヨガ瞑想、マッサージ療法をもっとも多く利用しています。

補完療法にかかる個人負担

利用者は特定の補完療法に対しては、「個人負担(医療保険を使わない)」もいとわないようです。2012年の米国国民健康調査(NHIS)によれば、実際、こうした補完療法に対する4歳以上の米国人による支出は、推計で年間302億ドルにも達しています。内訳は次の通りです。

  • カイロプラクティック、鍼治療、マッサージ療法など、補完・統合医療の施術に対し、個人負担で147億ドルの支出。
  • 天然物に対して、個人負担で128憶ドルの支出。
  • セルフケア(ホメオパシー療法や、補完療法に関する本やCD))に約27億ドルの支出。

補完療法に対するこうした自己負担支出は、米国人が個人負担する医療費用(3288億ドル)の9.2%、また全医療費用(2兆8200億ドル)の1.1%にあたります。

補完療法に対する医療保険適用

多くの米国人が補完療法を利用しますが、どのような医療保険に加入しているかが、こうした補完療法を利用するかどうかの判断に影響します。最近の研究(692KB PDF(英語サイト))で、研究者は鍼治療、カイロプラクティック、マッサージ療法に関して2012年の米国国民健康調査(NHIS)データと、2002年の同調査のデータを比較しました。3つの補完療法でともに利用率は増えている一方、医療保険未加入者において補完療法利用の増加がより際立っていました。医療保険に加入している人では、これらの3つの補完療法の利用は、部分的に限られる傾向が見られました。

補完・統合医療利用希望があっても、医療保険が適用されるかどうかわからない場合は、保険会社に問い合わせをしましょう。

保険会社に確認すべき事柄には、以下の項目が挙げられます。

  • この補完・統合医療は、私の健康状態で保険適用されるでしょうか?
  • 利用する上で、
    • 事前承認が必要になりますか?
    • 処方箋が必要ですか?
  • 紹介状が必要ですか?
  • 保険適用を受けるには、加入している保険とつながりのある施術者を利用する必要がありますか?
  • 加入している保険とつながりのない施術者を利用した場合、保険適用はありますか?
  • サービスを受ける回数や、支払われる保険料の上限など、制限や規定はありますか?
  • 個人負担はいくらになりますか?

保険会社に関する情報源

特定の補完・統合医療を保険適用としている医療保険プランを特定する際に、お住いの州の州保険監督局が助けになることもあります。USA.gov(英語サイト)には、保険監督当局を含む、州と地方自治体の消費者窓口の連絡先を掲載しています。

補完療法の分野ごとの職能団体が、その分野での医療保険適用状況を把握している場合もあります。図書館司書に参照先を調べてもらうか、インターネットで検索してみても良いでしょう。

施術者に対する支払いの問い合わせ

補完・統合医療の施術者にかかる時は、支払いについて理解しておくことが重要です。ここでは、質問すべきことをいくつか紹介しています。

  • 費用:初診の費用はいくらですか?再診の費用はいくらですか?収入に応じた負担額制度はありますか。何回、通院する必要がありそうでしょうか。それ以外にかかる費用はありますか(検査、器具、備品)?
  • 医療保険:私が加入している医療保険は使えますか?私のような健康状態で、同じ保険に加入している人の例では、どのように保険が適用されましたか?自分で保険会社に給付請求する必要がありますか?それとも代行請求してもらえますか?

税金関連

医療費を蓄え、補完療法の費用をまかなうのを支援するため、2種類の税優遇貯蓄口座があります。雇用主が提供することもあるフレキシブル支出口座(FSA)は有用で、(一般的には給与期間ごとに)給与の一部を医療費として非課税貯蓄することができます。また医療費貯蓄口座(HSA)は、免責額の高い医療保険に加入している人向けの制度で、雇用先にかかわらず、該当する個人が自分で口座を開設できます。詳細は、米国国内国歳入庁(Internal Revenue Service:IRS)の文書969、医療貯蓄口座(HSA)およびその他の減税措置がある保険プラン(英語サイト)(2.1MB PDF(英語サイト))をご覧ください。

補完療法に関連する費用の中にも、税控除扱いを受けるものもあります。詳細は、米国国内国歳入庁(IRS)の文書502、医療と歯科費用(英語サイト)(2.2MB PDF(英語サイト))をご覧ください。

米国連邦政府の医療プログラム

退役軍人や65歳以上の人向けのプログラム(Medicare:高齢者および障がい者向け医療制度)や、経済的に医療にかかることの出来ない人向けのプログラム(Medicaid・低所得者医療保険、州と共同費用負担)などの連邦保険給付プログラムにより、連邦政府は対象となる人々の医療費を支援している。

退役軍人に対する医療プログラムに関する情報は、米国退役軍人省から入手できます。MedicareとMedicaidに関する情報(英語サイト)は、Medicare &Medicaidサービスセンターから入手できます。Medicareとあなた(英語サイト)という冊子で、Medicareの内容を説明しています。

この他にも2つのインターネット上のリソースがあります。Benefits.gov(英語サイト)と、人事管理局のウェブサイト中の健康と保険のページ(英語サイト)に、連邦政府の連邦保険給付プログラムについての記載があります。Benefits.govは、自分が該当するプログラムについて調べるのに役立ちます。

NCCIHの役割

すべてのヘルスケアに共通することですが、補完的健康製品や施術を利用する前に、それらのリスク、利益、研究にもとづくエビデンスについて調べるべきです。米国国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health:NCCIH)は、補完・統合医療の安全性や有効性に関するエビデンス収集を支援するため、研究に出資しています。NCCIHのウェブサイト(英語サイト)には、多くの補完療法および関連製品のリスク(危険)とベネフィット(有益性)について、科学的根拠(エビデンス)にもとづく客観的な情報や、NCCIHが資金提供している研究(英語サイト)や臨床試験 class="window"(ヒトを対象とする研究)(英語サイト)の情報を掲載しています。

NCCIHは、アメリカ国立衛生研究所(NIH)の他部署と同様に、医学研究機関です。NCCIHは医療が必要な人への財政支援はしておりません。医療に関する財政支援情報(英語サイト)は、NIHのウェブサイトにあります。

消費者向け情報

関連するファクトシート

さらなる情報

■ NCCIH 情報センター

NCCIH情報センターは、NCCIHに関する情報、および科学論文・医学論文の連邦データベースの公開や検索などの補完療法に関する情報を提供しています。情報センターでは医学的なアドバイス、治療の推奨や施術者の紹介は行いません。情報センターでは、医学的なアドバイス、治療の推奨、施術者の紹介はおこなっていません。

米国内の無料通話:1-888-644-6226
tty (聴覚障害者や難聴者向け):
1-866-464-3615
Website:https://nccih.nih.gov/(英語サイト)
Email:info@nccih.nih.gov

■ PubMed®

国立医学図書館(NLM)[米国]のサービスであるPubMed®には、科学・医学雑誌に掲載された論文の情報(掲載号、出版年月日など)および(ほとんどの場合)その論文の要約が掲載されています。NCCIHによるPubMed使用のガイダンスは、「How To Find Information About Complementary Health Approaches on PubMed」(英語サイト)をご覧ください。

ウェブサイト:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/(英語サイト)

■ MedlinePlus

健康に関する質問に答えるリソースを提供するため、MedlinePlus(米国国立医学図書館のサービス)が国立衛生研究所および他の政府機関と健康関連団体からの信頼できる情報をまとめています。

医療保険に関する情報(英語サイト) Medicareに関する情報(英語サイト) Medicaidに関する情報(英語サイト)

ウェブサイト: www.medlineplus.gov(英語サイト)

国立補完統合衛生センター(NCCIH)[米国]は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。
このページの情報は役に立ちましたか?

監訳:大野智、佐々木淳一(島根大学) 翻訳公開日:2021年3月12日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

「統合医療」情報発信サイト
医療関係者の方へ 関連コンテンツ

ページトップ
ページトップ