• 一般の方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 統合医療エビデンス
  • 「統合医療」とは?
  • コミュニケーション
  • 冊子・資料
  • 海外の情報

海外の情報

鍼治療
Acupuncture

最新版(英語版オリジナルページ)はこちら
英語版最終改訂年月(翻訳時):2016年1月

肝心なことは?

■ 鍼治療について

鍼治療に関する研究(特に背面痛、首痛、変形性関節症/膝痛、頭痛)が数多くなされてきました。しかし研究者は、さまざまな健康状態に対する鍼治療の有効性について理解し始めたところです。

■ 鍼治療の効果に関してわかっていること

研究により、鍼治療はある種の疼痛状態をコントロールするのに有効である可能性が示唆されていますが、その他の健康問題に対するその価値に関するエビデンスは明らかではありません。

■ 鍼治療の安全性に関してわかっていること

鍼治療は、経験豊富で十分に訓練を受けた施術者が消毒針を使って行う場合、一般的に安全であると考えられています。不適切に行われた鍼治療は重篤な副作用を伴う場合があります。

鍼治療とは?

鍼治療とは多くの場合、施術者が身体の特定部位の皮膚に細い針を刺入することによりその部位を刺激するものです。中国の伝統医療の治療法のひとつです。中国の伝統医療について詳しくお知りになりたい方は、NCCIHのウェブサイトをご覧ください。

鍼治療の効果の科学的根拠

多くの研究結果により、鍼治療は、腰痛、首痛、変形性関節症/膝痛など、慢性化することの多い疼痛の緩和に効果がある可能性が示唆されています。また緊張型頭痛の頻度を減少し、片頭痛を予防する効果がある場合があります。従って鍼治療は、慢性痛のある人にとって考えられる妥当な選択肢となるでしょう。しかし標準的治療法ガイドラインは、鍼治療の推奨に関して一貫性がありません。

頭部や身体への鍼治療の効果およびその評価は、今やっと理解され始めたところなのです。最新のエビデンスにより、鍼治療とは関係のない多くのファクター(期待することや信じること等)が鍼治療の疼痛への効果に重要な役割をはたしている可能性があることが示唆されています。

鍼治療についてもっと詳しくお知りになりたい方は、以下を参考にしてください。

腰痛について
  • 2012年に行われた、背部痛および頸部痛に対する鍼治療のデータ解析では、実際の鍼治療は鍼治療を行わない場合や偽鍼治療より効果があることがわかりました。
  • 医療研究・品質調査機構( Agency for Healthcare Research and Quality)の2010年のレビューでは、鍼治療は治療後腰痛を直ちに緩和しますがその効果は長時間継続しないことがわかりました。
  • 2008年の腰痛に対する鍼治療研究のシステマティック・レビューでは、通常治療単独より通常治療と鍼治療を併用した方がより有効であるという確固たるエビデンスが認められました。同レビューではさらに、腰痛患者に対する実際の鍼治療と偽鍼治療の効果には違いがないという確固たるエビデンスも認められました。
  • 2007年に米国疼痛学会(American Pain Society)および内科学会(American College of Physicians)により発行された臨床診療ガイドラインでは、慢性腰痛患者のセルフケア(身体を動かしたり、温めたり、鎮痛剤を服用したりして患者が自分でできる療法)に効果が見られない場合に医師が考慮すべき非薬物治療の一つとして鍼治療を推奨しています。
頸部痛について
  • 2009年の解析では、頸部痛には実際の鍼治療が偽鍼治療より有効であることがわかっていますが、この分析は少数のエビデンス(参加者数の少ないわずか3件の試験)を基にしています。14,000名以上の大規模なドイツの試験では、頸部痛の通常治療に鍼治療を併用する効果について検討しています。
  • この治療を受けなかった患者より疼痛緩和に非常に効果があったと参加者が報告したことが認められています。ただし偽鍼治療と実際の鍼治療との比較はなされていません。
変形性関節症/膝痛について
  • 男女282名を対象とした2014年のオーストラリアの臨床試験では、鍼治療やレーザー鍼治療は変形性関節症の膝痛を鍼治療無しより中等度に緩和しますが、偽レーザー鍼治療に対する優位性は認められませんでした。参加者は8~12回の鍼治療および偽鍼治療を12週間に渡って受けました。これらの試験の結果は過去の試験結果とほぼ一致しており、鍼治療は変形性関節痛を緩和する点で鍼治療無しより常に有効ですが、偽鍼治療より必ずしも有効ではないことがわかっています。
  • 鍼治療試験の参加者に関する2012年の大規模データ解析では、実際の鍼治療は偽鍼治療または鍼治療無しより変形性関節痛に有効であることがわかりました。
  • 膝関節または股関節の変形性関節症に対する鍼治療研究の2010年のシステマティック・レビューでは、変形性関節痛には偽鍼治療や鍼治療無しより実際の鍼治療が有効であると結論付けています。しかし実際の鍼治療と偽鍼治療に違いはほとんどありませんが、鍼治療と鍼治療無しの違いは大きいです。
頭痛について
  • 2012年に行われた片頭痛と緊張性頭痛に対する鍼治療の解析では、頭痛の頻度や重症度の改善に鍼治療無しまたは偽鍼治療よりも実際の鍼治療の方が有効であることが示されました。
  • 2009年のシステマティック・レビューでは、実際の鍼治療は偽鍼治療または鎮痛薬と比べて緊張性頭痛の患者に効果があることが結論付けられました。2008年のシステマティック・レビューでは、緊張性頭痛の重症度や1か月あたりの頭痛の発生頻度を、実際の鍼治療は偽鍼治療より若干改善させることが、示唆されています。
  • また2009年のシステマティック・レビューでは、片頭痛の基本治療に鍼治療を併用すると片頭痛の発症頻度を減らせるであることがわかっています。しかし実際の鍼治療を偽鍼治療と比較する試験では、これらの治療の違いは偶然による可能性があることがわかっています。
その他の症状について
  • 1,200名以上を対象とした11件の臨床試験を対象としたシステマティック・レビューの結果では、鍼治療(およびツボ刺激)は癌治療に伴うある種の症状に有効である可能性があると示唆しています。
  • 鍼治療がうつ病患者に有効であるかどうかを明確にするエビデンスは、十分ではありません。
  • 鍼治療は1970年代以来、禁煙療法として促進されてきましたが、禁煙の効果があることはわかっていません。

鍼治療の研究についてもっと詳しくお知りになりたい方は、以下を参考にしてください。

偽鍼治療とは?
  • 臨床試験では、反応が試験プロトコルによるものかそれともその他の何かによるものなのかを調査するために、不活性な薬物や療法(プラセボと呼ぶ)と実際の薬物または療法を比較することがあります。鍼治療に関する多くの試験では、偽鍼治療と呼ばれる、先の丸い引っ込められる鍼を使う場合があります。この鍼は皮膚に接触するが貫通しません(実際の鍼治療では鍼が皮膚を貫通します)。別の方法で偽鍼治療を行う場合もあります。しかし、偽鍼治療がある程度疼痛を緩和する場合があることが認められています。

鍼治療の安全性と副作用の科学的根拠

  • 鍼治療による合併症はほとんど報告されていません。しかし殺菌していない針の使用や、不適切な治療があると合併症がおこっています。
  • 治療が不適切である場合、鍼治療により感染症、臓器穿刺、肺の虚脱、中枢神経系損傷などの重篤な副作用を引き起こします。
  • 鍼治療の安全性と副作用の科学的根拠についてもっと詳しくお知りになりたい方は、以下を参考にしてください。

NCCIHによる研究助成

NCCIHは、さまざまな疼痛および症状に対する鍼治療の有効性を評価し、身体が鍼治療にどのように反応し、鍼治療がどのように働く可能性があるのかをより一層理解するための研究を助成しています。NCCIHが近年支援している研究には次のようなものがあります。

  • 鍼治療が閉経後のほてりの頻度を減少する可能性があるのか。
  • 鍼治療が化学療法に伴う可能性のある疼痛および不快感を減少する可能性があるのか。
  • 客観的に見て実際の鍼治療は偽鍼治療または通常治療より疼痛緩和に有効であるのか、また(そうであれば)どの程度有効であるのか。

さらに考慮しなければならないこと

  • 健康問題について医療機関を受診するのを先延ばしにするために、鍼治療を使わないこと。
  • 鍼治療を受けると決めたら、施術者の資格をチェックすること。鍼治療を行うのに免許、証明書、登録証が必要である州は多いですが、これらの証明書交付のための教育、訓練基準、必要条件は州により異なります。免許は治療の質を保証するものではありませんが、鍼治療に関する知識や施術法について一定の基準に達している証明になります。免許取得には全国鍼灸東洋医学認証委員会の修了証書が必要である州が多いです。
  • 通常医療をおこなう医師(内科医や歯科医など)には鍼治療を行う医師もいます。さらに全国鍼治療協会(図書館またはインターネット検索で閲覧可能)が鍼灸師を紹介している場合があります。
  • 鍼灸師を選ぶ際は、彼らの教育および経験についてたずねましょう。治療回数や毎回の治療費について施術者にたずねましょう。医療保険によっては、鍼治療の費用も支払い対象となっている場合がありますが、対象外の場合もあります。(詳細についてはNCCIHファクトシート「Paying for Complementary Health Approaches(補完代替医療の費用)」をご覧ください。)
  • かかりつけの医療スタッフにあなたが行っている療法をすべて話しましょう。そうすることでより良い組織的で安全なケアが受けられます。健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。

さらなる情報

■ NCCIH 情報センター

NCCIH情報センターは、NCCIHに関する情報、および科学論文・医学論文の連邦データベースの公開や検索などの補完・統合療法に関する情報を提供しています。情報センターでは医学的なアドバイス、治療の推奨や施術者の紹介は行いません。

米国内の無料通話:1-888-644-6226
テレタイプライター(TTY、聴覚障害者や難聴の方用):1-866-464-3615
ウェブサイト: nccih.nih.gov
E-mail:info@nccih.nih.gov

■ PubMed®

国立医学図書館(NLM)[米国]のサービスであるPubMed®には、公表文献の情報および(ほとんどの場合)科学・医学雑誌の論文からの短い要約が掲載されています。PubMedの利用に関するNCCIHのガイダンスについては、How To Find Information About Complementary Health Approaches on PubMed を参照してください。

ウェブサイト:www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

■ NIH Clinical Research Trials and You(NIHクリニカル・リサーチ・トライアル・アンド・ユー)

国立衛生研究所(NIH)[米国]が開設したウェブサイトです。一般の人々に、臨床試験の重要性や、どうすれば臨床試験に参加できるのかを知ってもらうために開設されました。サイトには、臨床試験に関する質問と回答、臨床試験の情報を探す方法(ClinicalTrials.govなどの情報検索サイトやその他の情報源)、臨床試験に参加した人の体験談などが掲載されています。臨床試験は、病気を予防、診断、治療するうえで、よりよい方法を見つけ出すために必要な試験です。

ウェブサイト:www.nih.gov/health/clinicaltrials/

■ Research Portfolio Online Reporting Tools Expenditures & Results (RePORTER)

RePORTERは、研究機関において、政府が助成し現在実施されている科学・医学研究プロジェクトに関する情報のデータベースです。

ウェブサイト:projectreporter.nih.gov/reporter.cfm

■ U.S. Food and Drug Administration (FDA)(米国食品医薬品局)

FDAは、食品、医薬品、栄養補助食品、医療機器、化粧品などの多くの製品の安全性を監督しています。

米国内の無料通話:1-888-463-6332
ウェブサイト:www.fda.gov

主な参考文献

  • Acupuncture. Natural Standard Database Web site. Accessed at www.naturalstandard.com on June 28, 2007.
  • Barnes PM, Powell-Griner E, McFann K, Nahin RL. Complementary and Integrative Health use among adults: United States, 2002. CDC Advance Data Report #343. 2004.
  • Berman BM, Lao L, Langenberg P, et al. Effectiveness of acupuncture as adjunctive therapy in osteoarthritis of the knee: a randomized, controlled trial. Annals of Internal Medicine. 2004;141(12):901–910.
  • Eisenberg DM, Cohen MH, Hrbek A, et al. Credentialing complementary and alternative medical providers. Annals of Internal Medicine. 2002;137(12):965–973.
  • Ernst E. Acupuncture—a critical analysis. Journal of Internal Medicine. 2006;259(2):125–137.
  • Kaptchuk, TJ. Acupuncture: theory, efficacy, and practice. Annals of Internal Medicine. 2002;136(5):374–383.
  • Lao L. Safety issues in acupuncture. Journal of Alternative and Complementary Medicine. 1996;2(1):27–31.
  • MacPherson H, Thomas K. Short-term reactions to acupuncture—a cross-sectional survey of patient reports. Acupuncture in Medicine. 2005;23(3):112–120.
  • National Cancer Institute. Acupuncture (PDQ). National Cancer Institute Web site. Accessed at www.cancer.gov/cancertopics/pdq/cam/acupuncture on August 16, 2007.
  • National Institutes of Health Consensus Panel. Acupuncture: National Institutes of Health Consensus Development Conference Statement. National Institutes of Health Web site. Accessed at consensus.nih.gov/1997/1997acupuncture107html.htm on June 22, 2007.
  • Reston J. Now, about my operation in Peking; Now, let me tell you about my appendectomy in Peking…. New York Times. July 26, 1971:1.
  • U.S. Food and Drug Administration. CFR—Code of Federal Regulations Title 21. U.S. Food and Drug Administration Web site. Accessed at www.accessdata.fda.gov/scripts/ cdrh/cfdocs/cfCFR/CFRSearch.cfm?FR=880.5580 on August 2, 2011.

謝辞

NCCIHは、このサイトの情報における技術的な専門知識とレビューに対して次の人に感謝します。
Lixing Lao, Ph.D., University of Maryland School of Medicine; Karen Sherman, Ph.D., M.P.H., Group Health Research Institute, Seattle; Maria E. Suarez-Almazor, M.D., Ph.D., The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center; and Kristin Huntley, Ph.D., Partap Khalsa, D.C., Ph.D., and John (Jack) Killen, Jr., M.D., NCCIH.

このサイトの情報は著作権で保護されておらず公開されています。複製も奨励されています。

国立補完統合衛生センター(NCCIH)[米国]は、個人の参考情報として、この資料を提供しています。この資料は、あなたのプライマリーヘルスケア提供者(かかりつけ医等)の医学専門知識やアドバイスに代わるものではありません。NCCIHは、治療やケアについて意思決定をする場合は、必ずかかりつけの医療スタッフと相談することをお勧めします。この資料に記載されている特定の製品、サービス、治療法のいずれも、NCCIHが推奨するものではありません。

更新日:2018年3月22日

監訳:大野智、安枝明日香(大阪大学) 翻訳公開日:2017年3月29日

ご注意:この日本語訳は、専門家などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、当ホームページの「ご意見・ご感想」でご連絡ください。なお、国立衛生研究所[米国]、国立補完統合衛生センター[米国]、国立がん研究所[米国]のオリジナルサイトでは、不定期に改訂がおこなわれています。
当該事業では、最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。
ページトップ
ページトップ