• 一般の方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 統合医療エビデンス
  • 「統合医療」とは?
  • コミュニケーション
  • 冊子・資料
  • 海外の情報
ホーム  >  「統合医療」とは?  >  本事業の背景

「統合医療」とは?

本事業の背景

2011(平成23)年度から厚生労働省は『「統合医療」のあり方に関する検討会』を開催し、統合医療の現状や問題点について議論を重ねてきました。その結果、2013(平成25)年2月に「これまでの議論の整理」が取りまとめられ、今後の取組として、以下のような提言がなされました。

<以下、「これまでの議論の整理」より抜粋>

今後の取組

(1)基本方針

「統合医療」は多種多様であり、かつ玉石混淆(ぎょくせきこんこう)とされている。また、現時点では、全体として科学的知見が十分に得られているとは言えず、患者・国民に十分浸透しているとは言い難い。

このような状況下で「統合医療」を推進していくためには、 患者・国民の信頼を得ることが重要であり、まずは、安全性・有効性等が適切な形で確立されなければならない。特に安全性の確保ができない「統合医療」を患者・国民に提供することは適当でない。

また、患者にとっては、現在行われている治療法に限界を感じた際、他の療法に活路を見出そうとする可能性がある。しかしながら、この場合、療法に関する情報を求めるものの、様々な情報が氾濫している中で、より確実な内容の情報を必要としていると考えられる。

以上のことから、今後の取組としては、「統合医療」の各療法について、安全性・有効性等に関する科学的知見を収集するとともに、これらを基にして必要な情報を広く発信していくことによって、患者・国民及び医師が療法を適切に選択できるようにすることが重要である。

(2)具体的取組

具体的には、国においては、国内外の「統合医療」及び近代西洋医学と組み合わせる各種の療法に関する学術論文を収集する体制を整備するとともに、国内の代表的な拠点において、 医師をはじめとする多職種が関わることによって行われる臨床研究を支援し、その結果を還元するといった実践面のアプローチを併せて進めることによって、「統合医療」に関する科学的知見の集積を図ることが求められる。

また、このような情報収集を行った上で、集積した科学的知見を基に、各種の公的機関と連携して、こうした情報をインターネット等を介して提供する仕組みづくりにも取り組むことが重要である。

その際、情報が氾濫する現代においては、「要するに結果はどうなのか」等、簡略化された情報を求める傾向があることが指摘されている中で、いかに正確な情報を届けるかが極めて重要となっている。

このため、患者・国民から相談を受ける医師等の医療従事者や研究者が、正確な情報を把握し、これを相談者に分かりやすく伝えていくことが望ましいことから、患者・国民だけでなく、医療従事者や研究者にとっても利活用しやすい情報発信の仕組みを検討すべきである。

図.「統合医療」の情報発信の進め方について
【趣旨・目的】
  • 「統合医療」は多種多様であり、かつ玉石混淆とされている。また、現時点では、全体として科学的知見が十分に得られているとは言えず、患者・国民に十分浸透しているとは言い難い。
  • 「統合医療」の各療法について、安全性・有効性等に関する科学的知見を収集するとともに、これらを基にして必要な情報を広く発信していくことによって、患者・国民及び医師が療法を適切に選択できるようにする。
図.「統合医療」の情報発信の進め方について 【科学的知見の収集】専門家からなる文献調査委員会を設置し、科学的見地から、以下の1~3について取り組む。 [文献調査委員会] 情報収集先の例:コクラン・レビュー・アブストラクト、国立補完統合衛生センター[米国]、国内の代表的な拠点における知見、国内外の学術論文 → 1.文献検索 2.文献要旨の翻訳 3.エビデンスレベルの付与 【情報の提供】文献調査委員会が整理・加工した情報を、公的な機関のホームページに掲載する。掲載情報は、適宜、追加・更新する。他の公的な関連情報データベースとのリンク化も進める。ホームページ掲載情報のイメージ:療法の名称、エビデンスレベル、出典(学術雑誌名・文献名)、論文の内容(安全性・有効性等)→医療関係者、患者・国民によるアクセス

「統合医療」のあり方に関する検討会これまでの議論の整理(抄)

2013(平成25)年度は、「コクラン・レビュー・アブストラクトとのリンク」「国立補完統合衛生センター[米国]とのリンク」「国内の代表的な拠点における知見として、あんま・マッサージ、指圧のエビデンス」を中心に取り上げました。現時点では、取り扱うことが可能な情報についてのみ本サイトに掲載していますが、今後、随時情報の追加や修正を行っていきます。

なお、2011(平成23)年度からおこなわれた『「統合医療」のあり方に関する検討会』に関する議事録、資料については、下記をご参照ください。

「統合医療」のあり方に関する検討会 議事録・資料
回数 開催日 議題等 議事録/
議事要旨
資料等 開催案内
2013年2月22日
(平成25年2月22日)
これまでの議論の整理について 資料
第5回 2013年2月8日
(平成25年2月8日)
1. 意見整理
2. その他
議事録 資料 開催案内
第4回 2012年10月5日
(平成24年10月5日)
1.「統合医療」の情報発信のあり方について
2. 論点整理
3. その他
議事録 資料 開催案内
第3回 2012年8月6日
(平成24年8月6日)
1.「統合医療」に関するエビデンスについて
2. 論点整理
3. その他
議事録 資料 開催案内
第2回 2012年4月25日
(平成24年4月25日)
1.「統合医療」の評価方法について
2. その他
議事録 資料 開催案内
第1回 2012年3月26日
(平成24年3月26日)
1.「統合医療」について
2. その他
議事録 資料 開催案内

公開日:2014年3月28日

ページトップ